トップページ | 2006年10月 »

2006年9月25日 (月)

ブースタークラブの比較、キッズや学生も大事なお客さま!

ブースタークラブの比較、第2弾はキッズ・学生会員です。

というわけでブースタークラブのキッズや学生の入会費です。
まずは各チームの料金形態からドーン!
1000円…仙台、東京
1500円…埼玉、高松、
2000円…大阪、
3000円…富山、
カテゴリーなし…新潟、大分

東京は小学生以下のお子様のみ入会可。先行入場、ポイントカード、アニバーサリーカード、当日券が前売り券と同じ価格で購入可というものでした。
(つまりA席(小人)600円→500円。他、(小人設定のない)S席3500→3000円、SS席4500→4000円。アリーナ席は割引なしです。
意外なことに仙台の「ジュニアブースター会員」は1000円というのが健闘しております(満15歳までというのが重要)。オフィシャルガイドがもらえない以外は一般ブースターと遜色のない特典。とはいえ、チケット価格の値引率(当日券を前売り料金で買える特典)をみるとそんなに徳はないというか…とくに小人というカテゴリのある座席は1300→1000とか700→500とか。
なんておもっていたら実は埼玉(高校生以下)のほうが値引率がひどかったり(小人1500→1400、1000→900)。まぁ、もともと埼玉は全席自由なんで、先行入場を生かせば、他の会場で何千円とかする席がいつもの料金で見れるというのが唯一の強みなんですが(にしても来場しても何も特典はないですが)。高松は小学生以下1500円と中学生以上には厳しい内容。ブースタークラブ特製グッズほか各座席カテゴリー500円のキャッシュバック(一般とは違い、会報誌はつきません)。
大阪は小学生以下対象で、(大人のブースターにあった)チケット割引こそないものの、オリジナルウェア、そして「行けば行くほど得をする」ポイント加算でお得な気がします。
富山は高校生以下3000円と料金設定が高めで、一般会員同様、自由席のみブースター価格で購入できると言う特典。試合のチケット2枚進呈があるので結果、お得感が(初年度ということもあってオリジナルTシャツも特典に)。

最後、カテゴリーなしの新潟、大分について。新潟の後援会は文字通りの後援会で、個人や法人を対象としていてますため、小人・学生を会員にするには負担が大きい。ですが、後援会割引チケット(個人会員1口で4枚進呈。500円で入場可)や後援会限定シートを見る限り、個人会員=ファミリーも対象?のような気がします。くわしいことはよく判りませんが観戦の際、スタンプラリーがあったり、後援会限定イベント招待、先行入場、後援会限定グッズなど内容もプレミアムな感じがしていいですね。
大分はお子様もどうしてもブースター会員にしたい場合は、いっそファミリー会員での対応がお勧めかもしれません。8000円の内容はポイントカード付会員証(同・個人会員)のほか、大人自由席券6枚進呈。もちろん当日券が前売り料金で買えるので保護者同伴でこられる小さいお子様お連れのお客さまには重宝しそうです(特典はブランケットも)。ファミリー会員(同姓・同居されている構成4人まで対象)がある仙台ですが特典はTシャツ1家族につき、1着つく以外、個人会員と変わらないので割愛です。

結論:キッズや学生、一般のブースタークラブの会員集めるのって大変。
あとはどれだけ真剣にお客さまと向き合えるか、ということではないでしょうか。
自分はまだ独り身なので使えるお金は多いので、入場料とか、さほど気にしないのですが、ファミリーで熱心に観戦されている方々や、アルバイトで稼いだお金で、週末のゲームを楽しみにしている学生ブースターのことを考えると、少しでも観戦にかかる負担は軽く、良質なエンターテイメントを楽しめるということコトが重要では無いでしょうか。
ブースターってやっぱり、試合に、イベントに(ときに公開練習に)少しでも多く足を運びたいじゃないですか。
「入って得するブースタークラブ」、「もっともっとチームに対して愛着のわくようなブースタークラブ」であってほしいと思う今日この頃であります。

※この記事は06-07シーズンのプレシーズン中に書いたもので、06-07シーズン終了後に加筆・修正いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

ブースタークラブ入会金。相場は5000円なのか?

今日はもう寝る!と思っていたのだが、前回の記事のことが気になり、ちょっとだけbj全8チームのブースタークラブの料金設定を比較してみました。
新潟の後援会費1万円は別格として、なんとなく相場は一般5000円、もしくは3000円っぽい。

5000円は仙台、富山。大分の個人シルバー会員(お年寄りと言う意味ではなく)。
4000円の東京。
3500円の大阪。
3000円は埼玉、高松の2チーム。

5000円組で注目しておきたいのが富山、大分。ホームゲームチケットが2試合分進呈とあるのが大きいですね(富山は初年度ということもあり、オリジナルT シャツもプレゼント)。
大分は各カテゴリ(2000円のブルー会員(おそらくキッズ、またはライト層向け)、5000円のシルバー会員、10000円のゴールド会員、30000円のプラチナ会員(法人向け)と8000円のファミリー会員)とも、
スタンプカード(5ポイントで当日割引券2枚、以降、10ポイントで特別プライベートDVD(10分)、15ポイントでハイタッチ参加、20ポイントで最終戦終了後、集合記念撮影)を進呈。
来場するごとに特典がつきます
※(個人会員のブルー、シルバー、ゴールドとありますが、内容としては「当日割引券」(大人1000円引、子供500円引。つまり一番安いブースター自由席なら大人1200円、子供500円。他の席も割引になるとしたら前売り価格よりお得、もしくは同額に!)の枚数(ブルーが3枚、シルバーが2枚、ゴールドが4枚)と、
当日ブースター自由席(2200円相当)引換券の枚数(ブルーなし、シルバー2枚、ゴールド4枚)と
コーヒーチケット((笑)おまけみたいなもんかな?なぜか各2枚ずつ進呈)で差がついております。またバースデーカードは各カテゴリーの特典に。大判サイズの集合写真はシルバー会員の特典。年6回の会報誌はゴールド、プラチナ会員のみの特典となっております)。

仙台は同じ5000円でもオリジナルグッズ特典に力を入れてます。ブースタークラブ特典グッズの「光るナイナーズ手ぬぐい」、マスコットキーホルダー、トートバッグ(ファミリーにはオリジナルTシャツが1着)がつきます。また、前売り価格で当日券を(2枚まで)購入できたり、イベントやブースター感謝デーへの招待などあります。

4000円の東京はポイントカード(昨シーズンよりポイント繰越!)、アニバーサリーカード、先行入場(ex18時開始のゲーム→17時開場のところを16時45分に入場)、オリジナルTシャツ、プラスワンチケット(当日券売り場でメンバーズプラスワンチケットご提示でもう一人ご観戦できる)が3枚。お友達も誘って来てください!みたいな良い感じの特典だと思います(ところでガチャガチャってなんだったんだ?いまさら気になる)。

3500円設定の大阪がなんとなく群を抜いているのですが、
ポイントカード(1試合観戦につき1ポイント。ポイントによってどんな特典があるのか明確になっているのが好感。3ポイントでコート入場時のハイタッチに参加、7ポイントで試合後のフォトセッション、10ポイントでシーズン終了後のチーム主催のシークレットパーティ(5000円負担)に参加、17ポイントでそのパーティに無料で参加できる)、オリジナルウェア、チケットの先行購入で前売り価格の10%オフ!、

3000円組の特典内容はほぼ一緒。
ブースター割引とブースターの先行入場。埼玉はブースター感謝デーの割引入場やメールマガジンの発行もありました。
あと入会記念グッズ(高松はネックストラップと年4回会報発行、埼玉はトートバッグとQRコード付会員証。専用の機械をつかうとPC用の動画・壁紙、ブースターへのメッセージメールなど配信されます(実際にはそんなに利用した人はいなかった模様))。
また、高松はホームゲーム会場でのグッズの割引販売、年4回の会報誌っも発行、お得感があります
(その後高松は10000円のプラチナ会員も募集。4枚の自由席券とカレンダーポスター、POP(?)の進呈など盛り込まれた仕様になってます)。

ブースタークラブ、5000円組と3000円組、どちらも一長一短です(3500円の大阪は別格)。ただひとつ
「仙台のブースタークラブの担当の方、ホームゲームのチケット、つけてくれれば入ろうと思います!」

まぁ、比較はこれだけじゃないんですけどね。キッズブースターについては、また後日!

※この記事は06-07シーズンのプレシーズン中に書いたもので、06-07シーズン終了後に加筆・修正いたしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

高いぞ!ナイナーズのブースタークラブ年会費!

飯能のプレ初勝利の勢いを追い風に、9月30日に仙台で行われる89ERSのブースター限定プレシーズンゲームに行こうと思っていたのだが、その前に89ERSのベンチブースタークラブに入会しないといけないと思い、入会金を調べたら一般個人で5000円…。
お金がないといわれている我がチームでさえブースタークラブは3000円なのに…、1試合5000円出して見るほどの価値はあるのか?きわめて消極的になってしまいました。

でも行ったら選手はビックリするだろうな…(ニヤリ)。

…それでも1試合のためだけに5000円と往復の新幹線代を考えるときついなぁ!むかつくなぁ!(行ったら行ったで仙台のブースターからは非難轟々なんでしょうけど)

こうなったらブースタークラブの特典を各チーム比較してみるか、今度の休みの日にでも!(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

ブロくまのスポンサー万歳!

ブロくまのスポンサー万歳!

今日は勝った勢いで「山田うどん」本部直営店にきてしまったくまー!

ブロくまのスポンサー万歳!

おうどんと丼のセットくま!

ブロくまのスポンサー万歳!
デザートも食べるくま!

ブロくまのスポンサー万歳!
「山田うどん」さーん!
継続でスポンサーになってくれて、ありがとー!!
これからも、よろしくまー!
(ロケ地・所沢 9月18日収録)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

プレシーズンゲーム結果

プレシーズンゲーム結果

埼玉ブロンコス 77対73 新潟アルビレックスBB
ブロンコス、bjプレシーズンゲーム初勝利くま〜!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレシーズンゲーム途中経過(後半終了)

プレシーズンゲーム途中経過(後半終了)

プレシーズンゲーム途中経過(後半終了)

埼玉ブロンコス 65対65 新潟アルビレックスBB

後半戦から個人技で?猛チャージ!
最後は庄司選手のブザービーター3ポイントで同点に追いついたくま!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレシーズンゲーム途中経過(前半終了)

プレシーズンゲーム途中経過(前半終了)

埼玉ブロンコス 23対30 新潟アルビレックスBB

きびしいくまー…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

やるじゃない!富山!

bjのオフィシャルブログみたらさっそく富山vs仙台の結果が掲載されておりました。

富山 64-58 仙台 (富山:南砺市福野体育館 14:00開始  観衆2345人)

まぁ、この時期のプレシーズンゲームはあんまり当てにはならないかもしれないけど、

「ホーム・富山でのbjお披露目となる最初の試合で、勝利したことは非常に意味のある試合」だったと思います。富山グラウジーズにとって。

富山のプレシーズンマッチ。この試合に関しては、往復はがきまたはFAXで申し込み、招待券を受け取るというかたちで「無料」。仙台からも何十?何百?人のブースターが行ったとは思われますが、申し込む手間隙を考えると2345人を集めたというのはでかいですね。

「グラウジーズ、もしかしたらbjでも結構イケるんじゃない?」とか、「やっと富山にも胸を張って応援できるプロスポーツチームができたんだねぇ!」と富山県民を「その気にさせる」のに充分すぎる1勝ではないでしょうか。

この秋より富山にグラウジーズレッドの旋風が吹き荒れる予感!

グラウジーズ、プレシーズンマッチ、初勝利おめでとうございます!
(ところで埼玉と仙台はもしかすると昨シーズンからのbjプレシーズンマッチ、未勝利チーム同士ってコト!?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロくま

Brokuma

昨シーズン発売されたブロンコスのオフィシャルグッズのひとつ、「ブロンコスベア」が実はひそかな人気を博している模様。…すいません、ちょっとでっち上げてみました。

「ブロンコスベア」、通称:「ブロくま」を盛り上げよう!とソーシャル・ネットワーキングサイト[mixi(ミクシィ)]のコミュニティが誕生!というか作ってみました。

題して「ブロくま会」!

主な目的として「ブロくま」を通じて埼玉ブロンコス、bjリーグの普及…。いや、ちょっと違うなぁ…。「ブロくま」を使ってbj、ブロンコスネタを提供していきたいと思います。あとブロくまの普及も(笑)。

ブロくまを非常に有効に使っているブログとしてご存知

習慣ブロンコス」。

mixiに入ってないよ~と言う方にも、なんとかこちらの方でアップできるネタはアップしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

新外国人選手、契約締結!

9月あたまからプレシーズンマッチまで非公開練習を続けている埼玉ブロンコスから新外国人選手契約締結の発表が!

18日の飯能市民体育館でおこなわれるプレシーズンマッチでお披露目というリリースだが…。

あっ、情報とか無いですよ!情報通とかではないので、どんな選手かも当日みるまで解りません。今から楽しみです(逆に情報求む!ブロンコスフリークスBBSに情報書き込んでいただけるとみんなで楽しめます)。

つーか、とりあえず調べてみましたよ~!「ガイアナ共同共和国」!

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/guyana/index.html

(外務省のリンクに差し替え)ゴードン・ジェームス選手の出身地!勉強になりますっ!

さらにこのサイトで世界の国旗が買えるんですねぇ。興味ある方はぜひ!

http://www.flag.jp/mart/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

ブーストグッズ、埼玉ってなんだ!?

ブーストグッズ、埼玉ってなんだ!?

プレシーズンゲームも来週から各チームはじまり、11月の初旬にはセカンドシーズンがはじまるbjリーグですが、今シーズンから新たに2チーム加わります。今回は「ブースト」についてです。富山、高松のブースターの皆さんも注目です!

サッカーで言うところの「サポーター」にあたるのがbjリーグでは「ブースター」と呼ばれているのですが、応援する行為を自分たちは勝手に「ブースト」と呼んでいます。

昨シーズン開幕したbjリーグは各地で局地的に盛り上がってました。が”バスケットの応援方法”というシーンはどの地域もそれぞれに特徴的でした。そこで画像。ここには各チームの特徴的な応援に使われていたグッズを集めてみました。

まず、黄色い手ぬぐいは仙台89ERS。ハーフタイム、勝った試合の後に流れるBGM「ジンギスカン」は開幕から大ブレイク!(仙台でなぜ「ジンギスカン」なのかは置いといて)簡単な振り付けで踊ってました。ちなみに会場でも200円で販売していましたが、自分の持っているのは開幕シリーズに両日1000名に配付されたうちの1枚。大阪近鉄バファローズのタオル踊り(チャンステーマ2)に似た振り付けで、「これは流行りそう」と直感(開幕2連敗のブロンコス、連日「ジンギスカン」を見せつけられた…)。

つづいて新潟アルビレックスBBはチアスティック(手ぬぐいの上のオレンジの正方形)。ある意味「王道」と言っていい、空気を入れて膨らますビニール製のスティックで2本組み。2色刷りで低価格、200円での販売!浸透度はきわめて高いアイテムです。アルビの会場はチアスティックのオレンジ。圧巻です!(ちなみにチアスティックは良い音を出すためには本気で空気をパンパンに入れないといけません。叩くと「ティンティン」という音が響きますが、その分消耗度が激しいため、1試合もたない時もあります。また古いチアスティックは劣化もあり、袋からあけたばかりでも空気がもれていたりすることもあるので注意です)。

東京アパッチは紙製のボード、紙製の羽飾り。代表的というと語弊はありますが、東京のやりたいこと、チームカラーの紫を浸透させたい(その名も「パープル・プロジェクト」)という意図は掴めます。紙製のボードには抽選番号がナンバリングしてありまして、そのまま抽選カードにもなってました(裏側には応援コールを掲載)。会場で無料配布していました。

そして大阪エヴェッサはbjリーグ初年度の大ヒットアイテム「ハリセン」です。1個500円のハリセンですが、浸透度は非常に高く、会場にいるブースター、あるいは一見さんも手にしていました(そしてうまい具合に壊れるとも…(大阪ブースター談))。ほか、オープニングトークなどではニューグッズの紹介や、パフォーマンスチーム「bt」の応援レクチャーにも新作マフラーを取り入れていたりと、応援すればするほどグッズの売れ行きが伸びていくシステム(失礼!)。悔しいことにエヴェッサのグッズはデザインとか良いんだ、これが。ちなみにハリセンは叩くと「ペシペシ」音がします。BGMにあわせて「ペシペシ」。

大分ヒートデビルズは新潟同様、チアスティック。そして温泉どころ、別府ということかどうかわかりませんが、ブルーのタオルがお手ごろなお値段で販売されていました。チームのサポートソング「DEVILS RULE」はラップ調のインパクトある一曲(ヒートデビルズHPで試聴できます)で、ここでも振り付けの一部にタオルが使われるシーンがあるため、また値段もお手ごろなため、使用頻度が高いアイテムとなっております。もちろん掲げる、頭上で廻すというテクニックもあり。また既存のグッズではなく、手作りの応援ボードを作って応援される方も増えていると報告がありました(試合終了後、コートを解放するチームは埼玉と大分だけなんですよね)。自作のボードにサインを入れてもらい、また次の試合でも掲げて応援。良いサイクルが出来上がっています。

…と言ったところでしょうか。

あれ?埼玉ブロンコスは?

埼玉ブロンコスはこれ!というアイテムは今のところ無いというのが実状ではないでしょうか。管理人のHPに紹介されている「ペットボトルの応援アイテム」とか自作で作ってくる方や、(耕介フォー!さんに代表される)応援ボードや手持ちサイズの横断幕を作ってこられる方、1m弱四方の旗など応援アイテムはさまざま。もちろんチアスティックはあるのですが、昨シーズンはキッズブースターの特典で、シーズン後半になって一般販売されたのですが、埋め尽くすには程遠い。タオルマフラーもみんな持っているのに、使いどころが「味方フリースロー」に掲げる…、これも浸透度は低い。この統一性のなさが埼玉という土地柄、県民性を象徴しているのではないでしょうか…(逆に言えば「手作り感」がアットホームというイメージを印象付けているという噂が)。

とはいえ、昨シーズンのベストブースター賞を受賞したブロンコスブースターにあるのは「信じ続ける気持ち」と「熱い声援!」という事で、お後がよろしいようで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

オーセンティックのススメ

オーセンティックのススメ

9月1日、今シーズンもオーセンティックユニホームの予約販売が始まりました! 詳しくはbjリーグのオフィシャルサイトを確認してほしいのですが、 自分は昨シーズン、(実は2着)購入してしまいました。

オーセンティックユニホームは実際に選手が着ているユニホームと同じ素材、同じデザインというファンにはたまらない一品ですが、それゆえに高価(泣)。

ただレプリカユニホームとくらべるとグレードの差が明らか!レプリカユニホームだって8290円ですか?いい値段するので、「一生ものだぜ!」と開き直ってオーセンティックを買ってしまうのもテだと思います。

具体的に言えば、生地も全然豪華です。オーセンティック。

胸マーク、背番号、背ネームは豪華な刺繍です。オーセンティック。

そしてよく見るとマークの色は白じゃなくて「シルバーグレー」だぜ!オーセンティック。

やっぱり首元についているオレンジ三角BSは自慢だぜ!オーセンティック。

自分のは後半戦に買ったのもあるので、スポンサーマークもばっちりだぜ!オーセンティック。

オーセンティックのススメ

どうです?だんだん欲しくなってきちゃってませんか?

オーセンティックは今のところ、そのシーズンの登録選手の背番号・背ネームしか入れられないのが残念なのですが、もし、お気に入りの選手がいるのであればぜひとも作ってみてはと強く思います(将来的には自分の好きな番号、好きなように背ネーム入れられればいいなぁと思います)。

さらに言うならアウェイの白いオーセンティックも発売してくれると最高なんですが…。

オーセンティックのススメ

※追伸・ここに掲載したのは庄司選手モデルのオーセンティックです。庄司選手にわざわざユニホームのサイズを確認し、本人と同じサイズのユニホームを作ってみました。もちろん袖を通すと膝のあたりまで着丈があるのですが、これを着るとあらためて「バスケットボール選手の大きさ」を体感することができます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あいさつ

はじめまして、埼玉ブロンコス系のブログを始めてみようと思います、管理人のYuckyでございます。どうぞよろしく。

bjリーグ・埼玉ブロンコスはクラブチーム「所沢ブロンコス」として埼玉県に移転してきて今年(2006年)で10年目を迎えます。

自分が所沢ブロンコスに出会って、今シーズンが9年目なのですが、当時の感覚から言えば
「今、プロチームとしてやっていること自体が奇跡」
で、創部3年目、JBL日本リーグ2部(現:JBL2)に加入するときなど、スポンサー探しに必死だった!という話を思い返すと、この状況が信じられないという気持ちでいっぱいです。

そもそもなんで当時、無名にも近いブロンコスを応援しようかと思ったのか?

…こんなこと言っていいのかなぁ。

まず、「所沢ブロンコス」という響き?
所沢だぜ!まぁ、生粋の所沢市民だから愛着あるし、「俺のチーム」みたいな感覚?
応援しはじめてから何年か後にHPを立ち上げる時にも、所沢ブロンコスは強力なコンテンツだったしねぇ。自分たちで情報を発信している感じがすごく気持ちよかった。

もうひとつ、ブロンコスグッズを集め始めちゃったのがいけなかったよなぁ…。

グッズ収集家としては「先行投資」感覚でブロンコスグッズ、集めはじめたのがいけなかった。
「もしつぶれても、昔、こんなバスケットボールチームがあったんだぜ!」
なんて思いながら、もちろん、応援しながら集めだしたのが良くなかったねぇ。

というわけで所沢ブロンコスがなかったらおそらくバスケットボールなんて一生観ることなかったと思うしブロンコスを通していろんな人にも出会わなかったと思う。

自分にとってはかけがえのないチームであると、今では思います。

このブログは、正直、いつまで飽きずに続けることができるかわかりません(もしくは、なかなか試合に観に行くことができなくなるかもしれません)が、それなりにやっていこうと思います。

※試合の展開だとかそんな野暮な更新は極力しないのが俺の主義ということで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年10月 »