« ブロンコスブースターの熱くて長い2日間(予告編) | トップページ | (長編日記)ブロンコスブースターの熱く長い2日間(~第2戦) »

2006年11月 5日 (日)

(長編日記)ブロンコスブースターの熱くて長い2日間(開幕戦編)

Hi350716_2

試合開始は18時、ブースターの優先入場は16時半。掲示板で予告してあったミーティングは15時半。まぁ14時半に家出れば余裕で間に合うと思ってたのですが、14時過ぎに携帯に着信履歴が。もうなんとなく盛り上がっているのでお待ちしています!って…。あわてて体育館へ向かいました。

まだ開場まで2時間あるっていうのに見慣れた顔がすでにベンチに腰掛けて列を作って待っていました。その人数50人くらい。だんだんと時間がたつにつれ増えていくブースター…。一般入場とブースター入場で列が分かれてましたが、どっちも去年の開幕戦を髣髴させる勢いでした。
そうそう、ブースターミーティングですが、
「埼玉のブーストの歴史を自分たちの手で作っていきましょう」
ということで、これまた知っている顔の方々が10名ちょっと集合。もっと集まるかと思ったのですがそんな心配は無かったです。コールも提案とかありそうでしたが、
「まずはやってみる。それにブースターが応えて盛り上げていく」
という結論に。実際開幕2連戦では新しいコール試されること無く終わってしまいましたが、今後、新しいことが生まれる予感も。ちなみにブースターの中心スポットはホームゲームではコートを挟んでベンチの対岸、2階席最前列~1階席最上段ということでまとまりました。

Hi350717_1

さて開場の時間やチケット販売開始時刻が必ず押すブロンコスのゲーム。その日も若干の遅れで開場。とりあえず、席に荷物を置いて横断幕貼り。横断幕貼り終えて自分の席に戻り気がつく。ブースターの中心は2階席じゃなかったっけ?なんでか皆、1階席のチケットを持っており、みんな1階席に…。ミーティングの意味ないじゃん。去年のブーストは太鼓を叩いていただいていたグループが2階席に陣取っていたために、みんな2階席にいたのに、どういうわけかその当時2階で盛り上がってた人たち(ミーティング参加者)がみんな1階席に…。呼びかけた本人が落ち込んでいた様子だったので、もう決めました。「俺はなるべく2階席で暴れるようにします」。1階席の最上段で立ち上がってみるのと2階席の最前列で座ってみるのと視界はほぼ一緒。ということでブースターミーティングに参加されて方はなるべく2階席に来て頂けますようよろしくお願いいたします。

オープニングセレモニーは、まず映像から「ブロンコス10周年を振り返る」&クリフエッジのライブ。申し訳ない、ライブよりもスクリーン(今シーズンより2画面!)の映像のほうを食い入るように観てしまった。ごめんよ、クリフ。そしてエッジ(?)。
懐かしい選手のモノクロの写真がスクリーンに。1/3くらいはここ3年くらいの写真でしたが、池田さん、T(岡田)さん、村上さん、江黒さん、田中敬さん、壮謙さん、小野寺さん、ケンジさんにレモンズにCJ、コーリー……実業団リーグからスタートした時や、日本リーグに昇格決定した時、日本リーグ初優勝時、bj参入、bj開幕などの新聞記事を挟みつつの映像。10年一昔とはよく言ったもので、ちょっと感傷的になってしまいました。
つづいてダンスパフォーマンス「TOKYO STYLERS」!いや、凄かったよ、かっこよかった。TOKYOの部分が気に入らないけど、ヘルメット装着し、頭で高速回転でまわるブレイクダンスなパフォーマンスはなんとなく気に入って、今日なんかは「ブロくま」を頭下にして高速回転させての「SAITAMA STYLERS」…。
NAR☆S(avex所属の特別ダンスユニット)、キッズチア「PONY'S GREEN」のパフォーマンスで選手入場→応援・コール練習→試合というイベントの流れでした確か。

Hi350718_3
応援練習では、「PONY'S GREEN」レクチャーで、お客さんもノリノリ(死語)のダンスチューンがお披露目。仙台の「ジンギスカン」目指してお披露目されたのが「チョコラテ ~君とチョコチョコ」。ここにくるパシフィッカー(?)にはおなじみの、千葉ロッテマリーンズのチアリーディングチーム、M☆Splash!!がレクチャーするスタジアム全体を揺るがすあの曲だ(こんなところにもavexの恩恵が)!
「オレがロッテファンだったら絶対マスターしてぇ!これはいいねぇ、流行るよ!」と、マリンスタジアムで叫んだあの曲。そうか~ロッテだからチョコだと思ってたら、ここにも波及かぁ(スポンサーのウィダーは森永→チョコという方程式も)。なぜかゲストのレオ(西武ライオンズ所属)も踊ってました(第3Q終了時にはエアバズーカでスタンドを例のごとく狙撃してましたが、バック転は無し)。
試合開始前には所沢市長の斉藤市長も駆けつけお祝いの言葉を(ただどれくらい試合を観ていたかは教えられないというか第1Q途中でいなくなっていたという情報も)。
追加イベントとしては1Q終了時に「3輪車レース」が追加。参加者はグリーンブースタークラブ会員のみ(強制ではないけど入るべし)。

試合のほうは富山のワード、マリー、N.ジェームスや呉谷、そして野尻の活躍で新規チームに初勝利を献上する結果に。とにかく富山は3ポイントがメチャクチャ入って、フリースローも全然落とさない、リバウンドも支配され埼玉の悪いところばかりが目立った試合。
試合内容への怒りか、庄司選手は試合終了後、控え室に引き上げる最後までシュート練習をしていた姿が印象的です。Hi350725_1

そんなに元気は無かったが、古くからのブースター3人で、昔選手が通っていて、たまに飲みに行くダイニングバーが新所沢にあるから、久しぶりだし飲もうということになって、本当はやっちゃいけないのだが、体育館に車停めっぱなしで新所沢のとあるお店に行きました。
ここには元アンフィニメンバーの小林さん、所沢の生え抜き選手第1号、大住さんがよく通ってたお店で、当時は皆さんが駅から体育館に行く道の途中にあったのですが、現在はちょっと奥の方へ移転しての営業(ただ店は拡張!)。本当にファンが少なかった時代に、店をあげて小林さんの横断幕をつくって、バックアップしてました。本当に懐かしいです(そして小林さんは本当に優しい選手でしたが、現在はバスケはやっていないそうです、残念)。
ブースター3人で、昔話に花を咲かせつつ美味しい料理をつまみつつ、深夜まで飲み、そして小手指へ移動。日付も超えるので一旦この辺で。

|

« ブロンコスブースターの熱くて長い2日間(予告編) | トップページ | (長編日記)ブロンコスブースターの熱く長い2日間(~第2戦) »

コメント

固まった位置についてはねえ、ミーティング以前に前売りで1F買った人ばっかりだったのですよ。
申し訳ないとは思いましたが、その皆さんに、二階に行けとはちょっと言えませんでした。

で、結果論ですが、1F・2Fにそれぞれ陣取ったのは、凄くよかったと思っています。セパレートシートの2Fに比べて密集体型をとりやすいベンチシートであることがひとつ。
また、試合展開にももちろん助けられたと思いますが、1Fのお客さんがかなりノリノリでうちらのブーストにのっかってくれたのです。これは、2Fからの発信だけでは難しかったと思います。
ミーティングの結論も尊重したいとは思いますが、やってみてわかったこととして報告しておきますね。

投稿: てんたま | 2006年11月 6日 (月) 00時38分

お疲れ様でした。自分も1階席の最終列に陣取るつもりだったのですが、みんな1階席にいるんでびっくりしました。
というより1階席のシーズンパスだからなぁ、俺。
ゲーフラあったから2階席で良かったのかも。年内は10周年なので2階にいます。たぶん。
試合展開に助けられた部分もありますが、もっと頑張らないといけませんね、ブースト。
勝ってたって、負けてたって、ベスト尽くして戦っていきましょう。
今シーズンもどうぞよろしく。

投稿: Yucky | 2006年11月 6日 (月) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/4076763

この記事へのトラックバック一覧です: (長編日記)ブロンコスブースターの熱くて長い2日間(開幕戦編):

« ブロンコスブースターの熱くて長い2日間(予告編) | トップページ | (長編日記)ブロンコスブースターの熱く長い2日間(~第2戦) »