« 所沢フリークス・YuckyのブロンコスAWARD 2006-07 | トップページ | プレイオフ、観に行った感想 »

2007年4月20日 (金)

プレイオフへ 〜埼玉は出られないけど

プレイオフへ 〜埼玉は出られないけど
プレイオフへ 〜埼玉は出られないけど
プレイオフへ 〜埼玉は出られないけど
プレイオフがいよいよ明日、明後日に迫りました。
…といっても埼玉は6位でレギュラーシーズン終了し、プレイオフは他人事なんですけどね。
それでも俺は明日の有明コロシアムに行こうと思っているんだ(行けるのは明日のセミファイナルだけだけど)。
そう、アイザック・ソジャナー選手(以下:アイザック)のために。

アイザックはさいたまブロンコスがJBL日本リーグで戦っていた02-03に加入。当時の日本リーグは外国人枠が2。これまでずーっとチームを引っ張ってきてくれたCJ(チャールズ・ジョンソン)と3シーズン目の優良外国人、コーリー(コーリー・ルイス)がその2枠で、浜松大学を卒業したアイザックは練習生であった。このシーズンを最後にCJは引退を決意しており、シーズン終盤の1月末、CJは最後に備え、一旦、自ら休養。登録抹消し、アイザックに出場機会を譲った。出場機会をもらったアイザックは期待以上の活躍を見せ、
若さと強さを武器に、次のシーズンへの連覇へ繋がる原動力となった。
アイザックは当時、若さもあり、「ブロンコス」の名に恥じない暴れっぷりと爆発力を兼ね備えていた。たびたびテクニカルを貰うけど、その熱いプレイは俺らの心を離さなかった。ナンバー13はキリスト教崇拝圏では忌み嫌われている数字だが、アイザックは「相手にとっての忌み嫌われた存在」に、ということで13を付けている。浜松大を卒業しており、多少の日本語ならしゃべれるアイザックはさいたまでも人気者だった。
04-05シーズン、契約を結ばなかったアイザックはストリート・バスケ界隈で活躍。ALL-DAYではMVPに輝くストリートの王者に君臨。
その後、クラブチーム(エッジワン)を経てbjリーグ2シーズン目、新規参入チームのドラフト4位として高松ファイブアローズのアイザック・ソジャナーが誕生した。

実は昨シーズン、お忍びで観に行った東京の会場でアイザックに逢った。
どこだかのbjのトライアウトを受けたという話を聞いていて、来シーズンからプレイする可能性もあるとどこかで聞いていた。
その答えが高松だった。
高松のヘッドコーチ、青木幹典氏は浜松大学のヘッドコーチをやっていた。その流れでの獲得と推測できる。
そんなアイザックがbjの舞台で埼玉と対戦した今シーズンはレギュラーシーズン3勝1敗と高松が圧勝。プレイオフ進出へ大きく貢献した(と思っていい)。

秩父の試合にはアイザックの横断幕、ミサンガを用意。
試合後、無事にアイザックにミサンガを渡すことが出来ました。
その左足には、まだミサンガは巻かれているのでしょうか?
怪我なく、無事に最後まで、いつまでも長く、bjを戦い抜いてほしいと願っております。

できるだけ明日はニュートラルな気持ちで観ようと思いますが、いろんな面(特にブースト。研究してきます)でプレイオフを楽しんで行きたいと思います。

追伸・アイザックのほかにももう一人、ブロンコスゆかりの選手がおります。
大分ヒートデビルズの早川大史選手です。早川選手はブロンコスのサテライトチーム・ブロンコスクラブに所属しており、中心選手として活躍。
ブロンコスクラブの試合はなかなか観にいけなかったのと、選手の名前を聞きづらい、練習も非公開ということであんまり記憶はないのですが、あの(美原で合同練習があったときに終了後モップかけていた大きい)選手がそうだったのかな?っていう感じです。所沢で行われた試合には横断幕が2枚掲載されましたが、遠征には帯同できなかった模様で、別の機会に大分ブースターの方にミサンガ渡したのですが、使っていますか?といった感じです。ブロンコスクラブのHCは「まさか大分が獲得するとは思わなかった。抜かれるのは残念だけど、このチームからプロが誕生するのは嬉しい」と言う話を知り合いの埼玉ブースターからお聞きした時は、やっぱり自分のことのように嬉しかったです。

追伸2・というより、高松をはじめ、各チーム、JBL日本リーグで戦ってきた選手もいるし、って感じ(JBL日本リーグとか見てたりすると、やっぱり気になるんだよな、日本リーグ出の選手は)。

|

« 所沢フリークス・YuckyのブロンコスAWARD 2006-07 | トップページ | プレイオフ、観に行った感想 »

コメント

こんばんは(わかりますかね・・・)
昨日有明にいらしたんですね
私の目の前の通路をくまちゃんもった人が通過したんですけど、あれ?って思ったんですが、一瞬で人違いかなーって思ってました
ニアミスしてますよ(爆)

ブロンコス・・・といえば、庄司さんが新潟側にいらしてましたね
私の前の席がちょうどコアシート待機席で、新潟のブースターたちと話したりしながらそこにいらしてましたね

ところで、メールしようかと思いましたが、リンクいただいたバスケブログは不定期ながら残します
豊田通商の応援HPはプレーオフの反響で閉鎖できなくなりまして(汗)私は休業しますが、もう一人の友人が運営していくことになりましたので、閉鎖せず残ります
そちらもお知らせでした♪
またブログに遊びにきますね!

投稿: こりん | 2007年4月23日 (月) 00時38分

>こりんさん
土曜日だけの参戦でしたが、たしかに行ってましたよ。くまちゃん持って。
完全にニアミスですね(そういうときこそ一声かけてくれると嬉しかったりする)。
まぁ、なんだかんだで土曜日は埼玉のブースターさん、
5家族くらいはお会いしましたね。
自分は埼玉の試合のときは緑ばかり着ているので、
「プレイオフ出場チームのブースターさんに失礼のないように」と
ニュートラルを意識して紺色の長袖にしたら、みごとに気付かれませんでした。
一般の埼玉ブースターさんの方ならまだしも、マーカスにスルーされたときは悲しかったです。
ちなみに土曜日は埼玉からは外国人選手4人、庄司選手、山根HC、成田GM、岐津さんがおられました。あと元・さいたま→東京のジェローン・ドッドさんも。
土曜日の感想は近いうちにアップします。

豊田通商の応援HP、また遊びに行きます。

投稿: Yucky | 2007年4月23日 (月) 22時39分

こんにちは。トラックバックで来ました。

僕もファイナルフォー4試合とも見てきまして、アローズブースターの僕は友達と大騒ぎでした。

アイザックは今シーズンプレイでも精神面でも新規チームを引っ張ってくれました。
プレイの面ではシーズン終盤疲れてしまったかなという面もありましたが、全体的には絶大な貢献度で、ブースターも彼を尊敬しているのがホームゲームの声援を聞いているとよく伝わってきますよー。

投稿: raskiga | 2007年4月24日 (火) 22時31分

>raskigaさん
土曜日しか観にいけなかったのですが、試合終了後の光景、
ブースターみんなに囲まれて最後までひとりひとりと握手していたアイザックをみて安心しました。
「来てくれてありがとう」と言われたのには嬉しかったです。
穴吹の応援団も、そのままアローズのブースターになってくれる事を祈ります。

投稿: Yucky | 2007年4月25日 (水) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/6160148

この記事へのトラックバック一覧です: プレイオフへ 〜埼玉は出られないけど:

« 所沢フリークス・YuckyのブロンコスAWARD 2006-07 | トップページ | プレイオフ、観に行った感想 »