« プレイオフへ 〜埼玉は出られないけど | トップページ | さいたま新都心イベント »

2007年4月23日 (月)

プレイオフ、観に行った感想

プレイオフ、観に行った感想
プレイオフ、観に行った感想
プレイオフ、観に行った感想
プレイオフ、観に行った感想
プレイオフ、観に行った感想
長くなるけど、覚悟しろよ!
土曜日(21日)、bjリーグのプレイオフ、セミファイナルを観に行きました。
JR、大崎駅からりんかい線経由で国際展示場に向かったんですが、目の前のおしゃれGUYな人(アメ村あたりにいそうな感じ、3人グループで20代中盤)がまじまじ見ているんですよ。そしたら
「プレイオフ行かれるんですか?」って聞いてきたので「そうです」と答えたら、大阪のブースターさんで、bjのオーセンティックのリュック(埼玉)見て言った言葉、
「俺、清水耕介選手の後輩なんです」。
まぁ、意外なところでビックリさせられました。とりあえず優勝は大阪、決勝では高松あたりが来るんじゃないですか?とか、今シーズンの耕介選手の話とかしながら電車を降りました。bjってすげぇ!

有明に着き、渋谷にありますバスケットボールショップ「PLAYERS」が場外売店でプレイオフ関連商品を展開していたので、店長さんに挨拶。見ているとハリセンが結構な勢いで売れていました。
自由席の列に並んでいると、新潟交通のバスツアーのバスが何台か列を作って有明に到着。まぶしいね、オレンジが。新潟には底知れぬパワーを感じます。
一方で、大分・高松はさすがに遠隔地であったためか、数では苦戦してた印象。これはあくまで入場時の列での話です。

13時に開場し、非常にゆっくりと列は動き出す。列のすぐ後ろの親子3人(父・息子2人)はどうやら招待券を貰っての入場のようで、プレイオフの対戦カードもイマイチよく知らないみたいだったが、埼玉ブースターだったので問題なし。その子らがCS放送のインタビューされていたが、好きなチームは?と聞かれ「埼玉」とは答えてくれなかったのは残念でした。

試合開始は15時、まだまだ時間もあり、知り合いのブースターはみんな「ブースター自由席」に陣取っていたが、自分は「自由席」。さすがに3階席はコートまで遠かったが、2階席の「ブースター自由席」はニュートラルな立場で観るには、かえって近くて、これで正解だったと思ってる。

まぁ、試合内容については振り返ってもしょうがないので会場の様子とか。

まず、どのチームもブースターは熱かったです。これは凄く良かった。
本気で思った、「自分たちも、この(プレイオフの)舞台で、(埼玉を)ブーストしたい」って。
この舞台じゃどこもベストブースター。本当に羨ましく見えました。
ハリセンを打ち鳴らし、リーダーの統率の取れたブーストの大阪。
数こそ少なかったけど、太鼓のリズム、ブーイングの際の青いプラカード、大旗が海を渡った大分。
勝つために、勝たせるためにやってきた「執念」を感じさせてくれた新潟。
穴吹の社員も、今では立派なブースター、声をだし、感情を爆発させる高松。
何度も言うけど本当に羨ましかったです。

いつかは出たいよね、埼玉も。
誰もが見守るこの舞台で、俺たちも見守りたいと思いました。
優勝したら絶対、大泣きしちゃうだろうな。いつになるかわからないけど(笑)。

試合が終わってから、埼玉のチームスタッフの方々やブースターさんとも雑談。新潟ブースターの方からもお声をかけていただいたりと、来てよかったと思いました。
ちなみに去年は埼玉絡んでないし(というか最下位だったので)、あんまり興味もなく、仕事が入っちゃったので別にいいや!って感じだったのですが。これは来るべきだと思いましたよ!


会場を出たあと後は東京ブースターさんの呼びかけで実現した飲み会に参加。
首都圏ブースターをはじめ、新潟、福岡といろんなブースター交えての楽しい宴でした。飲みすぎ?確かに。ご迷惑をおかけしました。

というわけで、全日程終了。おつかれさまでした!

|

« プレイオフへ 〜埼玉は出られないけど | トップページ | さいたま新都心イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/6191265

この記事へのトラックバック一覧です: プレイオフ、観に行った感想:

» 遅くなりましたがプレイオフを終えて [時々日記]
セミファイナルから 接戦をものにして順当に勝ち上がってきた大阪。負けちゃえばいいのに・・・。 大分もがんばったけどね。 [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 18時34分

« プレイオフへ 〜埼玉は出られないけど | トップページ | さいたま新都心イベント »