« フレンドシップゲーム「ライジング福岡vsオーエスジーフェニックス東三河」 | トップページ | ピンチをチャンスに!福岡・フレンドシップゲーム中止 »

2007年8月31日 (金)

ブロンコスフリークス・ステーション 開設1周年

ブロンコスフリークスステーション開設1周年

Bstation

Stationinside

おかげさまで埼玉ブロンコス系ブログ
「ブロンコスフリークス・ステーション」は明日9月1日で1周年を迎えることとなりました!
というわけで、今回はこのブログのタイトルの由来についてお話ししたいと思います。

ブロンコスフリークス・ステーションの元ネタは今から10年前にさかのぼります。
所沢ブロンコスが発足し、2年目の夏。所沢市街の中心部にひっそりと所沢ブロンコスのアンテナショップがオープンいたしました。
その年の9月23日には所沢市民体育館にて入場無料のエキシビジョンマッチが行われ、その試合がきっかけで管理人の今日に至るわけですが、
そのエキシビジョンマッチの入場券を配付していたのが、アンテナショップ、
ブロンコス・ステーションなのです。
当時はインターネットがようやっと普及し始めてきた頃であったのですが、ネット環境もまだ脆弱だったこと、なにより「本当に痒いところには手の届かない」情報も多く、ブロンコス・ステーションはまさにブロンコスと市民の接点(交差点)でした。ほら、まだ当時は日本リーグに上がる前でしたし、実業団の試合なんてどこで情報手に入れたら良いかわからない時代でしたから。
そのブロンコス・ステーションはコンテナ型の店舗で、バスケット用品を取り扱っており、シューズやソックス、Tシャツやウェア、小物など所狭しと並べてありました。もちろん所沢ブロンコスグッズも何点か置いてあったり、実際に使用していた幻のユニホームも展示してありました。何も買うもの無い時はとりあえず1コイン(500円)スポンサーのカーステッカーを買う、といった感じで休みの日はかなりの確率でフラフラしておりました。
しかし、店の運営しているのはボランティアの方々で、開いてない日も多かったりと不安定な営業になっていき、1年半後、とうとう店を閉めることとなってしまいました。

もうすぐ閉めるとの情報は耳に入ってきていたので、その予定日近くの休日に行ってみると、店じまいの準備をしておりました。
せっかくなので買い損なうところだったTシャツを購入。当時のマネージャーさんが店にあったいろんなブロンコスにちなんだ備品(ポスターや写真数点)を処分するので良かったら持っていって良いですとのことだったので、いろいろ持ち帰りました。
実際に店頭に貼られていた、店の看板とも言えるポスターが大きい画像のソレ。

ちなみに、その店のあった場所というのは、所沢駅下車5分。昨シーズン、ブースター感謝デー第2部を開催したダイニングキッチン「BoraBora」の道を挟んで反対側。パチンコ店・ピーアークの敷地内で現在は駐輪スペースになっております。
なんだか今から思うと、「思えば遠くへ来たもんだ」じゃないけど、まさかプロチームになってしまうとはなぁ…。

このブログもブロンコス・ステーションの理念じゃないけど、せめてブースター同士の交差点のような(?)、ブログ目指して頑張っていきます。
あらためて今シーズンもよろしくお願いいたします。

追伸・検索フレーズランキングの2位、「フリークスステーション」は最近、初めてクリックしてみたんですけど、どうやらファッションモデル・芸能事務所のサイトに繋がることが!
日本最大級のメディアエージェンシー、とのこと。本当に申し訳ない!
ある意味、対極の位置にあるサイトですね。東京ガールズコレクションとか全く無縁だし、こっちのブロンコスフリークス・ステーションは。
フリークスステーションで検索してここにたどり着いてしまった方、本当にごめんなさい。

|

« フレンドシップゲーム「ライジング福岡vsオーエスジーフェニックス東三河」 | トップページ | ピンチをチャンスに!福岡・フレンドシップゲーム中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/7744935

この記事へのトラックバック一覧です: ブロンコスフリークス・ステーション 開設1周年:

« フレンドシップゲーム「ライジング福岡vsオーエスジーフェニックス東三河」 | トップページ | ピンチをチャンスに!福岡・フレンドシップゲーム中止 »