« 新規参入チーム発表! | トップページ | 敵ながらあっぱれだ! »

2007年9月 7日 (金)

旗をつくろう!(略して「旗つく」)

旗をつくろう!
旗をつくろう!
旗をつくろう!
旗をつくろう!
旗をつくろう!
くまま!こんにちわ、くまちゃんです!
「つくろうシリーズ」第1弾は会場で振れる「旗」をつくるくま!
8月11日更新の「旗と埼玉」の記事で旗をリニューアルすると載せたら
「旗の作り方、記事にしてくださいよ~」
と、とあるブースターさん(女性・既婚)から言われたので、せっかくですのでやることにしました!
難しくないので、是非お試しください。

まず、用意する材料は
旗本体にする布(お好みの大きさで)、旗竿にする棒(旗の大きさによる)、旗を縫う糸(ミシンでやるのでミシン糸。色はお好み)、両面テープ、(振る時に)粘着テープが必要です。
道具はミシンとハサミを用意してください(画像1)。

作り方です。
まず旗本体を作ります。布1枚で作る場合は問題ないのですが、布に表裏ある場合は気をつけて、表面と表面を重ねて縫います(裏面に縫った面がくるので、表面は綺麗な仕上がりになります)。
本来なら重ねて縫うには、待ち針使ってミシンで縫いながら抜いていくのが理想ですが、ミシン慣れしてない自分は縫う場所からちょっと離れた場所を粘着力の弱い両面テープで布を重ね、端と端を固定します(画像2)。ミシン慣れしていなくても縫う速度を速くすると、一気にまっすぐに近い形で縫うことが可能です(縫う速度が遅いと帰って波打ってしまいます)。ここら辺は勢いで!

本体が完成したら旗竿を通せるよう、端を縫います。
一度、旗竿になる棒を通して(画像3)、通るくらいの筒状になるように確認したら、折り目をつけて一気に縫います。この時も旗の表裏を間違えないように気をつけてください。
縫い終わったら筒状になっている旗本体の上部を何度か重ねて縫って、旗竿を通せば、旗の完成です。くまー(画像4)。

大きさが多少変わっても基本、作り方は変わりません(画像5)。
もちろん人によってはもっと違う作り方をする方もおりますでしょうが、今回はこんな形で。
旗本体の大きさ・用途によって、旗竿の長さ、強度を選んでください。
旗本体の大きさや素材によって旗竿に掛かる負荷は大きく異なります。
せっかく作った旗が、振っているうちに旗竿が折れたりしたら意味がありませんので、旗竿は軽くても丈夫な素材を選ぶことをお薦めします。
ちなみに持ち手部分のある旗だと、この方法で作ると、振っているうちに、
旗本体が旗竿から抜けていきます(ずり上がっていきます)。ですので使用前には旗竿と旗本体の通したすその部分を粘着テープ(養生テープが理想)でとめておく必要があることだけ忘れないでください。

また、旗を振る時の注意点としては、人に当たらないように振るのは当然ですが、振る前にあらかじめ声をかけておいたほうが良いでしょう(というかあらかじめ振ってアピールしておくと良いでしょう)。

追伸1 旗の素材は今回、リニューアル振り旗(大)はブロード地(幅92cm、長さ1mあたり400円前後)を使用。一番安い生地で、たまたまセール中だったので3色を40cmずつ(緑だけ50cm)、mあたり250円で購入(旗本体で325円!)。旗竿は100円ショップで長さ90cmのアルミパイプ直径6mmを。
トータル425円(糸除く)でした。
前回(リニューアル前)はサテン地(表に光沢のある素材)でしたが、今回はアルミパイプの長さ以上の幅の仕様(112cm)しかなかったので断念。切れば良いじゃんとお思いでしょうが、縦方向に切るのと横方向に切るのでは難度が違うので、素材選びはまず旗本体の布の幅(縦の長さ)と旗竿の長さから選んでいただけると良いでしょう。
ちなみにこの旗の持ち手部分はありません(旗竿より布の幅の方が長いため)。
また本体はいろんな凝ったデザインをつくることは可能です。
加工のしやすさではブロード地が一番らしいです(サテン地はミシンが「滑る」ので、直線縫い以外は不向きという話を聞いたことがあります)。
また旗の形はどうでもいいことですが、旗らしい長方形の縦横の「黄金比率」は3:4。ただ最近のサッカーのゴール裏サポーターなど振り旗事情は正方形がブームっぽいです。

追伸2 画像5でリニューアル振り旗(大)の上にある細かな柄(がら)の旗は、緑ギンガムチェックのはぎれ(55cm×90cm、特価300円)で作った振り旗(小)です。表裏関係ない柄の生地だったので、つい購入。
「旗と埼玉」でもふれている西武ライオンズの「ビクトリーフラッグ」や千葉ロッテマリーンズの「マリーンズフラッグ」に近い大きさ(約55cm×約55cm)に仕上がっております。
このサイズならみんなも簡単に作れるのでは?旗竿は100円ショップで購入した「園芸用支柱75cm(3本セット)」。子供でも振れるお手軽サイズ。1枚布なので5分で完成くま!
みんなでつくって持ち寄って一斉に振れば見栄えすると思うんですけど、どうですか?
埼玉ブロンコスのグッズ担当の方!商品化希望!!

追伸3 完成したらとりあえず庭先で思いっきり振って、恍惚に浸るのですが(笑)、台風一過で青空の下、バサバサと音をたてて振り回していたところ、自宅の隣が小学校の体育館なので、体育館の窓から運動会の練習で体育着の小学生が興味津々に多数覗いていて、「何の旗ですか?」とか「どこ行くんですかぁ?」とか「かっこいいです!」とか話しかけてこられて、ちょっと恥ずかしかったです(爆)。

追記:ブロード地の素材は旗の上部、旗竿を通し、一番擦れやすい所が破れやすいのでフェルトで補強する事をオススメします。
また、塩ビパイプは直径13mmの2mを使用するのが一般的ですが、16mmの2mを使用すると長く使っても曲がったりしないので良いかもしれません。

|

« 新規参入チーム発表! | トップページ | 敵ながらあっぱれだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/7841828

この記事へのトラックバック一覧です: 旗をつくろう!(略して「旗つく」):

« 新規参入チーム発表! | トップページ | 敵ながらあっぱれだ! »