« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月26日 (月)

美原は誰が何と言おうと「聖地」なのだ

暑い日が続いてます、お元気ですか?
先日、22日(木)、今シーズン初めての公開練習が所沢市立美原中学校体育館にて行われました。
夜7時から公開練習開始で体育館には30人くらいのブースターさんが集まり、選手達に熱い視線を送っておられました。

さて、先だって、埼玉ブロンコスのオフィシャルサイトにて、コロンビアインターナショナルスクール様がこのたびオフィシャルパートナーとして契約を結び、現在、埼玉ブロンコスの選手達は同校の体育館を利用して練習に励んでるとレポートがありました。新設された体育館は冷暖房完備というたいへん恵まれた練習環境だそうで、美原の公開練習に集まったブースターさんからは「そっちで公開練習が良かった」とかいう声もチラホラ。

つーか、ちょっと待った!
確かにこの時期の美原は暑いし、冬は上履き忘れると底冷えする寒さだ。
プロが練習する環境としては疑問も残る体育館かもしれない(誤解しないで欲しいのだが、埼玉ブロンコスの練習は美原中でもやっていますが普段は近隣の体育館や施設を利用してます)。

それでも美原中の体育館はブロンコスにとっての「聖地」なんです。

今から14年前、所沢ブロンコスとしてスタートしたこのチーム、所沢市から初めて提供して頂いた練習場所、それが美原中の体育館なのです。
「美原中は何も無かったブロンコスにとっての『原点』。初心を忘れないために」ということみたいです。

それにしても、コロンビアインターナショナルスクール様、オフィシャルパートナーの契約ありがとうございます。
練習環境が整った今、あとは結果を残すのみ!ですよね!
今シーズンこそ頼みますよ!

追伸・ブロンコス公開練習は契約選手5人と08-09シーズンに在籍した椎名雄大さんを加えた6人で、清水翔アシスタント田コーチ指導の元、約1時間半ほど行われました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

更新サボリのバスケ日記風

更新サボリのバスケ日記風
更新サボリのバスケ日記風
更新サボリのバスケ日記風
更新サボリのバスケ日記風
更新サボリのバスケ日記風
ブログ更新サボってましたので、とりあえずサボってた間の活動画像を。

●いろいろ届きました!
最初の画像はいろいろお家に届いたブロンコス関係の品々。といっても
ブースタークラブの入会特典やボランティアチーム「GREEN SPRITS」の記念品、シーズンパスのご案内の3通ですが、たまに来るとテンションあがりますね!
本日22日、(所沢市立)美原中学校の体育館で公開練習が18時45分スタート!なのでさっそく2010-2011シーズンのKIZNAバンド(緑のラバーバンド:ブースタークラブ・ブースト会員以上に入会すると貰える会員証)して行ってみようと思います。
「GREEN SPRITS」の記念品は活動写真を収めたDVD(CD-R?)と2009-2010シーズンの全選手のサイン色紙。と来シーズンの募集要項や反省会レジュメなどなどが入っておりました。興味ある方はぜひ参加してみると良いと思いますよ!

●バスケ映画のエキストラ(2枚目・3枚目)
最後に更新した7月6日に所沢市民体育館でバスケ映画の撮影があり、観客エキストラとして潜入。というより知り合いの方から「エキストラが足りないので、もしよかったら来れる方は来ていただけると助かります」とのことで、行ってきました。11時間半ほど拘束。
正直疲れましたが、1つの作品にこれだけ多くの方が携わっているんだなぁってことがわかっただけでも収穫。
つーか、募集人数1500名に対して実際のところ400弱しかいなかったみたいですし、しかもエキストラ派遣の会社が集めた感じの方がほとんどで、「この人たちはたぶんバスケットボールを生で観たことない方たちなんだろうなぁ」と思いました。
撮影が平日の所沢市民体育館で、子供が一人もいない「全国大会・決勝戦(というシーン)」でした。
参考までに募集要項:http://www.applausetv.co.jp/pfm/

映画のタイトルは「PLAY'IN FOR MONEY」。
ストーリーとか面倒くさいので、詳しくはPLAY'IN FOR MONEYの公式サイトまで。→http://www.playinformoney.com/
当日は運営スタッフとして08-09シーズン、ブロンコスのトレーナーを努めていただいた鈴木さん、青木さん、会場設営でお世話になっているK'sクリエイトのスタッフさん、出演者に東京アパッチの中村友也さん、そしてエグゼクティブプロデューサーのショーン・ブラウンさんをお見かけしました。
日本での映画公開は今のところ予定になく、全米のみ公開ということです。くまー。

●バスケットボールエンターテイメント「LEGEND」に行ってきました(4枚目、5枚目)
7月10日、ディファ有明にて行われた「LEGEND」の興行に行ってきました。
もちろんお目当ては6月30日に契約解除となり、今シーズンから彼の地元・宮崎での活躍が期待される、「俺たちのキャプテン」清水太志郎選手が出場するSUPER FIGHT。3オン3で堤啓士朗さん、仲西淳さんとのチームで、「LEGEND」の誇るボーラー(YOHEI・ATSUSHI・CHIHIRO)と戦う豪華なカード。
いや~、興業自体も面白かったですよ。年齢層はかなり絞られますけど、雰囲気作りとかおしゃれですし。LEGEND各ボーラーのパフォーマンスも、真剣さが伝わって良かったですし、久しぶり良いもの見たなぁって感じです(もちろん堤さん、仲西さん、キレキレでこれぞプロバスケ選手!って感じが際立ってたため、逆に太志郎さんの調整不足感には苦言を呈したくなるほどでしたが…)。
つーか、もっとグッズとかいっぱい買っても良かったかなぁって。
で、最後、少しお話できてよかったかなと。

あとは西武ドームに野球2回(といっても1回は8回裏から)行ってきたくまよ!

で今日は埼玉ブロンコスの公開練習が18時45分スタート。
写真撮影は禁止なので画像はありませんし、専門的なことは書けないのですが、行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

清水太志郎選手、宮崎シャイニングサンズへの移籍が発表になりました ~5シーズンありがとう(追記版)

6月30日の選手契約満了のリリースから6日、宮崎シャイニングサンズより清水太志郎選手の契約合意が発表になりました(7月5日)。

あらためて、清水太志郎さんの人となりを引っ張ってきてみました。

昨年10月、地元ケーブルテレビ「J:COM所沢」製作の「ブロンコスちゃんねる」では、5分間の短い番組ではありましたが毎週、各選手へのインタビューを通じ、ゲームでは見られない選手の素顔を紹介。
清水太志郎選手の回(放送第2回目)より抜粋してみました。

Q自己紹介を:背番号1番、ポジションはガードをやってます、清水太志郎です。宜しくお願いします。

Q得意なプレーは?:ドライビングといってドリブル突きながら相手を抜くことですね。あとは3ポイントシュートとかです。

Qやってみたいプレーは?:ダンクシュートには今でも憧れます。やってみたいです(笑)。若い時、高校、大学の時には出来たのですが、最近はやってないので、やってみたいですね。

Q座右の銘は?:「挑戦」。チャレンジですね。

Q幸せを感じるときは?:自分がプロとしてやっていけていることが幸せですね。
地元の友達や元の会社の同僚と居酒屋へ呑みに行くと会社の愚痴を聞いたりするんですけど、自分は好きなバスケでご飯を食べられているのが、すごい幸せなことだなと、すごく感じます。

Qもしプロになっていなかったら?:確実に学校の先生です。間違いないです。
教育実習も行ってますし採用試験も大学の時に受けてます。
大学時代に怪我をしてバスケできない時期があって、それでもし怪我なくバスケやっていたらプロではなく教員の道を、ボクは歩んでいたと思います。
中学に教育実習行ったのですが、一度も先生と呼ばれたことはなかったですね。
(Q友達感覚?)いや~、なめられたのかもしれないですね(笑)。

Q好きな食べ物は?:郷土料理です。ボク、宮崎なんですけど、チキン南蛮だったりとか地鶏ですとか。地元を離れるとやっぱり恋しくなるもので今でも月に1,2回は食べに行ってます。

Q今シーズンの意気込みを:今シーズンは自分してもコート上で結果を出してしっかりやること、またキャプテンとしてチームの入れ替わりが今シーズンは大きかったので、チームをまとめるということも一つの大事な仕事だと思っています。この2つをしっかり頑張っていきたいと思っています。(終了)

(番外編)背番号1へのこだわり:大学時代の恩師から「常に1番を目指せ」と言われ、背番号1を選びました。こだわりの番号です。(なにかのインタビュー(トークショー?)で語っていました)

そういえば今週末10日(土)にストリートバスケ「LEGEND」のスーパーファイト(5分×3ラウンド)に清水太志郎選手、仲西淳選手(大阪エヴェッサ)、堤啓士朗選手(ライジング福岡)が参戦。
場所はディファ有明、14時開場、15時スタートだそうです。
詳しくはLEGEND 公式サイト↓
http://legendbasketball.jp/

05taishiro

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

太志郎さん、5シーズンありがとう!清水太志郎選手契約満了のお知らせ

2005年、bjリーグが開幕して、5シーズン目が終わりました。
FA権行使で動向が注目されておりました、俺らの埼玉ブロンコス、キャプテン・清水太志郎選手が、このたび契約満了となり、本日、リリースがありました。

清水太志郎選手はJBL日本リーグ・大塚商会アルファーズにて2シーズンを戦い、bjリーグ元年となる2005年、埼玉ブロンコスに入団。
初年度は同じ筑波大出身のもう一人の清水、清水耕介さんと「W清水」って売り出し方されてましたっけ。
おとなしい選手が多かったブロンコスの中で、熱をもった選手という印象です。
PGにはドラフト1位の安斎竜三さん、SGとしての太志郎選手といった位置づけでしたが、シーズンをこなしていくうち、立派なコンボガードに成長していく姿をみられたのは本当にブースター冥利に尽きます。
そういえば、2シーズン目くらいまでは髪形をコロコロ変えてましたね。編みこみやらコーンロウとか、ちょっと懐かしく思えます。
そういえば初のオールスター戦、埼玉から唯一選択されて出場を果たしましたね。主催者推薦というのが本当に申し訳ないけど、このあと3シーズン連続でオールスター出場という快挙。
3シーズン目からはいよいよGのレギュラーポジションを獲得。しかし開幕節の東京戦で眼底骨折を負ってしまい本当に心配しました。次節の沖縄戦から短い間でしたがゴーグル着用で戦った姿は忘れません。
また、キャプテンとして、チームの顔として、埼玉ブロンコスを支えてくれました。
昨シーズンのブースター感謝祭では「埼玉ブロンコスの清水太志郎としてプレイオフの舞台に立ちたい」と想いを語ってくれたのは感動しました。
チームのことも一番気に掛けてくれていた太志郎選手。
なんだか5シーズン、振り返ると、あっという間の5シーズンでしたね。

5シーズンたって、太志郎選手本人も、まさか地元にbjのチームが立ち上がるとは思ってはいなかったでしょう。

太志郎選手、埼玉での5シーズン、本当にありがとうございました。
宮崎に行っても俺たちは忘れないし、これからも陰ながら応援していきます。
バスケットボール選手として活躍できる時間は限られています。
悔いのない選択をした太志郎選手、これからも頑張れ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »