« 明日(3月27日)、滋賀に行こうと思います。, | トップページ | 2011年3月27日(日) 滋賀vs京都・復興支援ゲーム@滋賀県立体育館(後編) »

2011年3月29日 (火)

2011年3月27日(日) 滋賀vs京都・復興支援ゲーム@滋賀県立体育館(前編)

くま!ご無沙汰してます、くまちゃんです!
ご存知の通り、東日本大震災の影響で、くまちゃんが応援している埼玉ブロンコスは3月17日、2010-11シーズンの活動休止を発表くま。
bjリーグからの救済処置として、活動休止した3チーム(仙台89ERS、東京アパッチ、埼玉ブロンコス)の選手に、レンタル移籍という特例制度を実施。仙台からは志村選手(→琉球)、日下選手(→京都)、橘選手、安田選手(→富山)、薦田選手(→大阪)、高岡選手(→宮崎)。埼玉からは寺下選手(→滋賀)、ゴードン・クライバー選手(→京都)、椎名選手(→宮崎)が3月29日現在、登録が完了しているくまよ。

さて今回くまちゃんは寺下選手がレンタル移籍した滋賀レイクスターズと、ゴードン・クライバー選手が移籍した京都ハンナリーズの試合を、滋賀県大津市にあります滋賀県立体育館に行って来たくまよ!
まぁ、滋賀には俺たちのアイドル、堀川竜一選手、京都には2代目キャプテン・青野和人さんがHCとして采配を振るい、レジーことレジー・ウォーレン選手がスタメンに名を連ねる、何かとゆかりのある人たちがいっぱい、みたいな。

滋賀県立体育館は滋賀レイクスターズのホームアリーナとも呼べる体育館で、県庁所在地の大津、道路挟んでとなりは琵琶湖という絶好のロケーションのアリーナだったくま!
京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズの2連戦は「関西ダービー(※)」という位置づけで、特に今回の対戦は滋賀-京都という隣県、しかもJRで膳所(:「ぜぜ」と読みます。今回のアリーナの最寄り駅)と京都は電車で15分という好立地(※:関西圏は大阪エヴェッサ、滋賀レイクスターズ、京都ハンナリーズの3チームがひしめきあう。この3つ巴対戦カードが「関西ダービー」)。
(土)のゲームでは京都が先勝し、勝ち星で並び、ゲーム差なしで迎えた4位5位決戦(得失点差で京都が4位に浮上?)。京都ブースターも前日に増し多数押し寄せた、好条件のなかでの復興支援ゲームくま。

Dsc_0019

滋賀にはくまちゃん、10時半過ぎにアリーナ到着ま。膳所の駅前に到着したとき、偶然、通りかかったレイクスブースターさんのワゴンに、管理人さんへ「乗っていきなよ」サインが出たので乗せていってもらったみたいくま(いろいろ事件が発生したので、これは最後のネタとしてAWARDまで非公開くま)。本当にありがとうございます。大変ご迷惑をおかけしました。送っていただいたSさん、本当にありがとうございました!と管理人さんも言うております。

Dsc_0072
もう当然、レイクスサイドで応援することが決まった管理人さんは、レイクスベンチ裏に会場入場と同時にチアさんの募金箱に募金した後、1階自由席の1席確保。レイクスブースターさんにご挨拶、一部、京都ブースターさんにもご挨拶。皆さんが温かく迎えてくださいました。
埼玉ブロンコスブースターとして、いつもの埼玉ブロンコススタイルでやってきた埼玉ブロンコスブースターが、決まって聞かれたのが「水とか大丈夫ですか?」「足りないものはないですか?」という質問でした。
福島原発事故の影響で大気中に流出した放射性物質が首都圏の一部の浄水場で検出されたことを受けての質問だったり、一部の方の買占めによる品物不足の報道を受けての質問でした。
埼玉はそれほど大きなダメージはなく、節電しながら、計画停電で平日、3時間程度の停電だけがネック。スーパーにはだいぶ品物も揃ってきましたし、ガソリンも今週あたりから入れられるようになりました。と答えておきました。

試合開始前には地元のバスケチーム、レイクスのバスケスクール対抗戦などエキシビジョンマッチが行われる中、両チーム選手のほぼ全員が入場口フロアにて、東日本大震災の義援金募金活動を開始。お目当ての選手が並びごった返す中、まずは寺下選手にご挨拶、そして堀川選手にもご挨拶。その直前には堀川選手のご家族、甥っ子、後援会の方にお会いしました。
みんなびっくりしてましたよ!堀川選手自身には実に3シーズンぶりの再会ですよ。
そりゃそうかもね。まさかいるとは思わないですもん、ブロンコスブースターが。ブロンコスフリークが。
募金されたブースターさんにはレイクスターズロゴ入り「HOPE がんばろう NIPPON」ステッカーが手渡されました。

Dsc_0023

一方、レイクスブースターさん有志の間でも極秘に募金活動も行われており、ゲーム終了後にチームの募金箱にまとめられる、という活動を行っておりました。
詳しいことはリーグ戦が終わってから記事にしようと思いますが、一言でいえば、
「チームとブースターの美しき”共犯関係”」。
レイクスブースターの有志のみなさんのアイディアと行動力にはうならされました。
詳しいことは書けませんが。
せっかくなので仙台の黄色い手ぬぐい(過去のアウェイ遠征で配られたモノ)を1枚ですが、差し上げました。

さて選手入場、ウォーミングアップ&シュート練習、そして1分間の黙とうのあと試合開始となるわけですが、
選手入場の際、エキシビジョンに出場した子供たちと手をつないで入場。
救済処置でこの試合が2試合目のベンチ登録の寺下選手がステッカーと同じデザインのボードを掲げながら入場、にはちょっとウルッときた。

bjリーグの西地区のプレイオフをかけた真剣勝負の公式戦でありながら、複雑な思いを抱きながら戦う選手、それを見守り精一杯のサポートをするブースター。
今、できることってなんだろう、本当にしなくちゃいけないことってなんだろう。
そんな思いがよぎりながら試合開始の笛は鳴った。

|

« 明日(3月27日)、滋賀に行こうと思います。, | トップページ | 2011年3月27日(日) 滋賀vs京都・復興支援ゲーム@滋賀県立体育館(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/39412985

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年3月27日(日) 滋賀vs京都・復興支援ゲーム@滋賀県立体育館(前編):

« 明日(3月27日)、滋賀に行こうと思います。, | トップページ | 2011年3月27日(日) 滋賀vs京都・復興支援ゲーム@滋賀県立体育館(後編) »