« 「ブロンコスAWARD 2010-11」開催要項&参加者募集 | トップページ | アフロ・スミスさんのUstream中継にゲスト出演 »

2011年5月 7日 (土)

YuckyのブロンコスAWARD 2010-11

はい、毎シーズンの恒例となりました、埼玉ブロンコスブースター各個人が勝手に今シーズンを振り返り、勝手に表彰する企画、「ブロンコスAWARD 2010-11」の開幕です。
今シーズンで早いもので5回目の表彰となります。
今シーズンは3月に起きた東日本大震災の影響で、シーズン途中で東地区3チームが活動休止となってしまい、埼玉ブロンコスもその一つになってしまいましたが、どんなシーズンだったかを振り返る意味でも開催する運びとなりました。
最後までお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

ちなみにルール、参加要項などはこちら↓

http://broncos-freaks.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/award-2010-11-6.html

ご興味ある方、参加は自由です。奮ってご参加いただけると光栄です。

①Yuckyが独断で選んだブロンコスMVP:ケニー・サターフィールド選手
優秀選手賞:波多野和也選手、寺下太基選手、北向由樹選手

[選考理由]:もう、今シーズンは文句なしでケニー・サターフィールド選手(以下:ケニー)がブロンコスMVPに選ばさせていただきました!
ケニー、凄かったよ。元・NBAという肩書は伊達じゃなかった!
「ブロンコスを観に来て!」というよりも「ケニーを観に来て!」って感じだったですし。
「チームの歴史」を変えるためにやってきたポイントガードは卓越したセンスとテクニックで僕たちを魅了してくれました。
チームの歴代連勝記録を「7」まで伸ばしてくれましたし、2011年1月度には週間MVP、月間MVPを獲得する活躍を見せてくれました。チーム史上初の月間MVP獲得ですよ!
正直ね、今シーズンは、これまで清水太志郎という初年度からこのチームを支えてきてくれた選手が抜けてチームはどう変わるのか、が心配どころでした。
いざふたを開けてみたら「よくぞ獲得してくれました」というほどの価値のある選手でした。
ブロンコス史上、最高の司令塔、ケニーにMVPを!

優秀選手賞には日本人選手を3人ピックアップしました。
 まずは波多野選手(以下:J)。今シーズンは初のキャプテンに任命され、その責任を全うすべく身体をはって戦ってくれました。昨シーズンは怪我で思うような戦績を残せず、今シーズンへの意気込みは相当なものだったに違いありません。4シーズンを過ごした大阪への凱旋となったオールスターゲームへの出場など「チームの顔」として活躍されたことは忘れません。アウェイ滋賀で骨折し、連勝記録もストップしてしまいましたが、その後の懸命なリハビリ、早期回復しての出場は男を見せてくれました。でもあんまり無理しないでね、プロは自分の身体が資本だから。出来ることなら来シーズンもブロンコスでお願いします。
 寺下選手は今シーズン、プレイタイムも大幅に伸ばしてきて、結果が残せたシーズンだったと思います。1試合だけ自分、試合前のシューティング練習のボールボーイをやったんですけど、身体のキレとか抜群で、案の定、試合終了後には(JAいるまの様より、本日のMVP)お米をもらって帰るほどの活躍をみせてくれましたよ。活動休止になってまず気になって観に行けた試合が滋賀ホームのテラさんだったのと、ブロンコスブースターの姿みてめちゃくちゃ喜んでいたので、行った価値はありました!
 北向選手(以下:ユーキ)は今シーズンは3ポイントシュート以外にもドライブなどまた違った一面で成長ぶりをアピール。もちろん3ポイントシュートでチームを勝利に導く活躍も見逃せません。Jが戦線離脱でスターターとして抜擢されるなど、期待の高さをうかがえました。
みんなユーキを待っているんだ、活躍するユーキを観たいんだ。今シーズンは出場時間も増えた。生え抜き選手はユーキだけなんだ、だからこそ来シーズンもブロンコスで頼むぜ!ということで選出しました。

②Yuckyが独断で選んだブロンコスベストゲーム:
2011年1月15日(土) ウイングハット春日部
埼玉ブロンコス vs 大阪エヴェッサ

俺、この試合、観れてないんですけどね。仕事終わってから車飛ばしたんですけどね。
駐車場着いた時には試合終了後でしたよ。
この試合は5連勝中で迎えたホームゲーム。Jが古巣、大阪エヴェッサを相手に奮闘。
”ジェネラル”リン・ワシントンとのマッチアップ、意地の攻防は「凄かった」との評。

なぜこの試合がベストゲームかというと、俺の誕生日にチーム記録を更新する7連勝を飾ったこと!に尽きます。
このあと新所沢に移動。選手の移動バスを待ち伏せし、選手コーチとハイタッチ。意気陽陽とブースターのみなさんとご飯に。非常にいい誕生日になりました。
来シーズンの1月15日(日)はオールスターゲーム@さいたまスーパーアリーナですよ!

③Yuckyが独断で選んだbjリーグ・オブ・ザ・イヤー:

バイロン・イートン選手(東京アパッチ)

たぶんね、普通に考えたらおそらく石崎巧選手(島根スサノオマジック)なんだろうけど、
俺の中ではダントツでコイツ!
もうね、オフィシャルガイドに載っている180cm97kgって数字も怪しいけどね、丸いんだ。今までのbjにいなかったタイプの丸さなんだよね。風貌もなんかあれなんだけど、ブースターの仲間内では「おばちゃん」って言ってた人もいたっけ。
最初の方に当たった東京戦ではブースターづてに「イートン、ホームシックにかかってて、モチベーション低いんだ」とか、新潟戦だか仙台戦だかで活躍して週間MVPを獲得してみたり、その週のうちに新潟からだか仙台からだか「あのプレーはどう見てもトラベリング、なぜファウル取らないんだ?審判。」みたいな抗議の翌週にはちっとも活躍しなかったり(怪我で戦列離れてた)とか、ブザービーターを決める決める、そしてついに「俺のこと”ビートン”って呼んでほしい」なんて素敵なコメントを残してくれたり、なにげに週間MVPを2回受賞してみたり、2月の月間MVPも獲得してみたり。
そもそも背番号00ってbjリーグ規定では選手が付けていい背番号だったっけ?
この非常にふり幅の大きい活躍っぷりがやけに印象に残っているイートン選手にこの賞を!
次点としては石崎選手(島根)。あと富山の下地HC。秋田の澤口誠選手もフレッシュで良かったね。
中村和雄HC(浜松・東三河)の試合後のコメントも実に味わい深かった今シーズンのbjリーグということで。

④Yuckyが一方的にあげたい個人賞
ブロンコスチームアシスト賞:ボブ・ナッシュ一家

「縁の下の力持ち」としてチームの運営に多大な貢献をしていただいた個人・団体をたたえる賞。がチームアシスト賞の定義なわけなのですが、今シーズン、ブロンコスのチーム運営に多大な貢献をしていただいたという意味ではナッシュ一家だろうと思い選出。
まぁ、父:ボブ・ナッシュ(以下:ボブおじさん)はチームのヘッドコーチとして。息子:ボビー・ナッシュ(以下:ボビー)は選手としての貢献はお察しの通りですが、ボビーママの存在なくして、このチームのこの結束は無かったように思えます。
ボビーママは特に外国人選手たちをケアしてくれていた様で、異国の地で生活する選手たちの文字通り母として面倒をみる一面もあったり、日本人選手の家族とも文字通り家族ぐるみのお付き合いで、試合中、試合後、選手のお子さんたちの面倒を見ていたり。
ボビーママは若かりし頃、1970年の大阪万博の際、はじめて仕事で日本に来日して、以来、大の親日家で、日本の文化、日本語を熱心に勉強。片言の日本語なら通じるんですよね。
ボブおじさんも、ボビーママも本当に良い人。その息子のボビーも良い子。
来シーズンも一緒に!

ブロンコスMIP賞:ブルース・ブラウン選手
昨シーズンと比較して、最も成長した選手に贈られる賞。なわけなのですが、新加入のブルース・ブラウン選手(以下:ブルース)に。
ブルース、やっぱり去年いたロバーツとかと比較してしまうと、やっぱり一枚落ちるよね。
シーズンの序盤に同じポジションのジョージ・リーチ選手(以下:ジョージ)を獲得した際に、ブルース、ナーバスになっていたんですよ。ジョージにとって代わられてしまうんじゃないかって。
でもジョージはブロンコスをより強くするために、自らの経験を生かし、ブルースに持てる技術を教えていったんだよね。契約発表直後のアウェイの浜松・東三河戦にはチームに帯同し、ベンチ登録は出来なかったけど、試合開始前の練習では付きっきりでアドバイスして。
シーズン中に最も成長した選手、それがブルースだったという思いでこの賞を。

いろいろ心配したけど:ジョージ・リーチ選手
で、初のベンチ登録した試合(アウェイ・富山)で序盤から怒涛の活躍をみせたジョージでしたが、ゲーム中盤にアクシデント、前頭洞陥没骨折という衝撃が走りました。あの時は本当に心配して、富山から戻ってくるバスを新所沢駅前で延々待ったんだよね。その日は勝ったんだけど素直に喜べなかったなぁ。
その後、ジョージはフェースガードを装着して戦列に復帰。チーム状態も上向きになり、年末の快進撃へとつながるのでした。間違いなくブロンコスの救世主だと思いましたよ。
もし仮にブースター感謝祭があって、オークションにあのフェースガードが出品されたら落としにいってるな。間違いなく。

隠れパフォーマー賞:ゴードン・クライバー選手
ゴードン・クライバー選手(以下:ゴードン)は隠れパフォーマー。
シュート決まった際にたまに飛び出る投げキッスや敬礼ポーズは見逃すな。
てかゴードンはあんまりブロンコスでは光らなかったけど、京都に行って評価を上げた気がします。あの身長でミドルレンジからのシュートが得意。ポテンシャルは高い。でも派手さはないし、本人も結構おとなしめなのだ。

⑤その他好き勝手なランキングやネタ設定ということで
ケニー MY LOVE
ケニーにまつわるエトセトラということでエピソードを公開。

[その1]ホームゲームでは試合球を選ぶのはケニー
ケニーには試合前、神が降りるのか…。
チームオペレーターの松田さんの証言によると
埼玉ブロンコスのホームゲーム、試合に使うボールを選ぶのはケニーなのだそうで、結構時間をかけてあーでもないこうでもないと選ぶこともしばしば。
ある試合前、「マツ(松田さんの愛称)、今日はこのボールで30点獲る」といってボールをチョイス。
ゲームが始まり、ベンチで記録をとる松田さん。ケニーはテンポよく得点を重ねていく…。
そして試合終了。チームも勝利し、松田さんは得点を集計していくと予告通りの30得点。
これには鳥肌がたったという。
そしてまたある日、今度はパッとボールを選んだケニーは「今日は40点獲るから」と宣言。
試合には勝利した。得点を集計する間もなくベンチに戻ってきたケニーは「ごめんね、4点足りなかった」と言ったらしい。実際に36得点をマーク。

[その2]ケニーはジャンクフード好き
ケニーは偏食らしく、ジャンクフードが好きらしい。
ただ最近になってお米を食べられるようになったらしく、ホームゲームで本日のMVPに贈られるJAいるまののお米をたのしみにしているとかいないとか。
あと、松田さんから教えていただいたとっておきの情報としては

コイケヤのポテトチップス「厚切りリッチカット」のサワークリームオニオン

がお気に入り。ということでそれを聞いた翌週からアウェイに行ったブースターにも教えてあげて差し入れするようにした。ブルースもサワークリームオニオン好きでコンソメとかでは違うらしい。
厚切りリッチカット、マジで箱で差し入れしようかと考えたくらい。
大阪ブースターさんは差し入れのご準備を!

[その3]ピザーLA
松田さんに「今度、ピザ-LAに連れて行ってくれ」と頼んだケニー。
最初は理解できなかった松田さんでしたが、宅配ピザでおなじみの「ピザーラ」ということが判明し、
選手たちが暮らす新所沢のひっそりとしたところにあるピザーラに一緒に行くことに。
注文を済ませたケニーと松田さんは出来上がりを待たずに自宅(アパート)に戻る。
どうやら自宅にピザを届けてもらうのが好きらしく、「チップは払った方がいいの?」って聞くケニーのいじらしさ。
その後も店頭で注文、自宅で受け取りというのがケニー流なのだ。

[その4]頭にタオル
頭にタオルを乗せているシーンを数多く目撃しているけど、あれは身体を冷やさない工夫なのだそうだ。

[その5]支払いはPontaで
毎シーズンのことなのだが、ブロンコスの外国人選手はコンビニが大好き。
アウェイでのバス遠征などでは帰り道、会場で手を振って別れたあと、かなりの確率で次のコンビニで出くわすことになるのだ。
1月に週間MVP、月間MVPで総額13万円分がチャージされたPontaをもらいPonta長者になったケニー。
ホームゲーム秩父へバス移動の際もバスの運転手さんに「帰りにコンビニ寄ってほしい。できればローソン」と言ったとか言わなかったとか。残念なことに秩父近辺の道中にはローソンは無かったとのことでがっかりみたいな。

恒例!くまちゃん事件簿
今シーズン、最後の最後のアウェイ遠征にて事件は起きました。

「くまちゃん、びわこタクシー置き去り事件」

詳細はまた後日継ぎ足して書きますが、一言、

「滋賀ブースターの杉●さん、ご迷惑おかけしました!
膳所と体育館を往復していただいて本当にありがとうございました!
くまちゃんは今日も元気です!
お嬢さんにもよろしくお伝えください!」

|

« 「ブロンコスAWARD 2010-11」開催要項&参加者募集 | トップページ | アフロ・スミスさんのUstream中継にゲスト出演 »

コメント

お、俺とアワード被り気味(^^;;

ちなみに

俺の誕生日にチーム記録を更新する7連勝(×)

俺の誕生日にチーム記録を更新する6連勝

  です。 1/15(sat)わ。

投稿: さすらいアフロスミス | 2011年5月 7日 (土) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/39864227

この記事へのトラックバック一覧です: YuckyのブロンコスAWARD 2010-11:

« 「ブロンコスAWARD 2010-11」開催要項&参加者募集 | トップページ | アフロ・スミスさんのUstream中継にゲスト出演 »