« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

12月29日(木)の結果(vs岩手・アウェイ奥州市)2011.12

12月29日(木)の結果(vs岩手・アウェイ奥州市)
2011年12月29日(木) 岩手県奥州市水沢区 水沢総合体育館(Zアリーナ) 14時開始
岩手ビッグブルズvs埼玉ブロンコスの試合は
75-98で埼玉ブロンコス連敗脱出!7勝15敗で最下位も脱出。

この試合、ナタリーHCはエースガードのケニー・サターフィールドをスターターから外す大英断。
危機的意識を持って臨んだこの試合で、なんとか結果を残すことができました。
ハンフリーが37得点と攻撃の核となっているのは相変わらずですが、ミラーも17得点、ほか、出場した選手もまんべんなく得点する内容。
現地に足を運ばれたブースターさんからスコアボードの画像が送られて来た際に
原口とダレンが頑張ってくれましたと感想が。数字には表れない献身的なプレイを評価してました。

遠く岩手まで遠征されたブースターの皆様、お疲れさまでした。
本当に勝って良かったです。
bjリーグ通算100勝!
でもあくまで通過点。

年明けからまた頑張ろう!
横浜の(金)はバスツアーで乗り込みます!

それでは皆さん、良いお年を!
大晦日も自分は仕事です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

12月28日の結果 (vs岩手・アウェイ奥州市) 2011.12

2011年12月28日(水) 岩手県奥州市水沢区 水沢総合体育館(Zアリーナ) 18時開始
岩手ビッグブルズvs埼玉ブロンコスの試合は
85-81で埼玉ブロンコス6連敗。そしてついに最下位転落の6勝15敗。

現地でブーストしてくれたブースターの皆様、おつかれさまでした。
今朝の埼玉ブロンコスオフィシャルサイトにてフラワーズ選手の足の負傷の再検査結果のリリースがあり、足関節捻挫の状態が思わしくないようで数週間の安静を要するとの診断。
新戦力、ナシードやミラーの復帰と明るい材料はあるものの、結局はケニーとハンフリーの出来次第みたいなブロンコス。
最終Qで逆転負け。

明日は年内最後の試合。
とにかく何でもいいから勝て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

「あなただけのオリジナル埼玉ブロンコスフィギュアを当てよう!」キャンペーン当たりました!2011.12

チームは負けが混んでるのでクリスマスに届いた楽しい話題を。「あなただけのオリジナル埼玉ブロンコスフィギュアを当てよう!」キャンペーン当たりました

埼玉ブロンコスの新グッズ、裏面が3on3のボードゲーム板になってる下敷き。
11月に「あなただけのオリジナル埼玉ブロンコスフィギュアを当てよう!」という
キャンペーンを開催していて、下敷きを買ってウェブでアンケートに答えると
抽選で5名様にあなたの顔フィギュアが当たるというもの。
下敷き自体は200円とたいへんお買い求め易い金額設定で、
試しに1通応募したら当選しまして、12月の初旬に顔写真を2枚(正面と横顔)を送りました。
奥さんに撮影してもらったのですが「ちょっと笑った方がいいんじゃない?」ということで邪悪な笑顔を送りました。

そしてついに12月24日に無事に手元に届きました。

こちらです!

「あなただけのオリジナル埼玉ブロンコスフィギュアを当てよう!」キャンペーン当たりました
いや〜、ちゃんとブリスターパックに入ってて良いですね。
会場で売ってる仕様と同じパッケージ!

で、実物。

「あなただけのオリジナル埼玉ブロンコスフィギュアを当てよう!」キャンペーン当たりました

違う角度から。

「あなただけのオリジナル埼玉ブロンコスフィギュアを当てよう!」キャンペーン当たりました

(土)の昼間には届いていたみたいで他に当選していた2名のブースターさんのもツイッターの画像で拝見したのですが良く出来てましたよ。

で、自分も試合終わって、打ち上げ反省会のあと、帰宅してすぐにツイッターで画像をアップしたら
ブースターのフォロワーさんから
「激似!」とお返事をいただきました。
とくに左右の眼の大きさの違いとか、頬や顎のラインとか、眉の薄さとか、顔のでかさ(嘘)とか。

惜しむらくは背番号1だったこと。背番号00だったら完璧でしたね。
背番号が入るとは思わなかったので指定できていたら良かったねと。

なんか、今シーズンの選手フィギュアや昨シーズンのガチャポンのフィギュアのなかに混ぜてもちっとも違和感ない感じが良いですね(嘘)。
「あなただけのオリジナル埼玉ブロンコスフィギュアを当てよう!」キャンペーン当たりました
※左から寺下選手(2011)、管理人、新井選手(2010アウェイ)、北向選手(2011)のフィギュア。

しっかし、本当に良く出来てますわ!
こういうのなかなか作っていただけるチャンスなんてないので
めちゃくちゃ嬉しいです!
造形の職人さん、本当にありがとうございました!
ずっと宝物にします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月25日(日)の結果 (vs浜松・東三河・ホーム所沢)2011.12

2011年12月25日(日) 埼玉県所沢市 所沢市民体育館 14時開始
埼玉ブロンコスvs浜松・東三河フェニックスの試合は
70-87で埼玉ブロンコス5連敗。6勝14敗で最下位6勝16敗の岩手ビッグブルズに勝ち星並ばれる。8位の信州ブレイブウォリアーズとはゲーム差2(9勝13敗)らしい。

このチームはいつになったら完成形がみえてくるのだろうか。
前半で31-50では正直厳しいですよ。ツイッターではなんだか酷評ばかりだし、携帯サイトの試合の翌日更新される詳細レポートでは個人技がうんたらかんたらと、まるでチームとして機能していないような印象で。
たしかにジャッジもどうこうあるけどジャッジに文句言ったって得点にはならないし、戦うべき相手は審判じゃない。何度も何度も観てきたような試合展開と試合結果。
正直つらいわ。

年内は水・木と年末の忙しい時期に岩手アウェイ2連戦。
年明けは金・土と横浜アウェイ2連戦で、
翌週にはさいたまスーパーアリーナでオールスターゲーム。

埼玉ブロンコスが埼玉のバスケシーンを盛り上げないで、誰がオールスターへ観に行きたいって思えるんだよ?
もうホームゲームは年内も年明けもないからアピールするチャンスは数限られてるのでしょうけど、ちょっとまずいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

メリーくまース!

メリーくまース!
メリーくまース!

…ちょっと叫んでみたかっただけくまよ。

ハッピーホリデー。
良いお年を。

でもその前に岩手ビッグブルズ戦が、あるくまよ。
楽しく年を越したいくまね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月24日(土)の結果 (vs浜松・東三河・ホーム所沢) 2011.12

12月24日(土)の結果 (vs浜松・東三河・ホーム所沢) 2011.12
12月24日(土)の結果 (vs浜松・東三河・ホーム所沢) 2011.12
2011年12月24日(土) 埼玉県所沢市 所沢市民体育館 18時開始
埼玉ブロンコスvs浜松・東三河フェニックスの試合は
67-71で埼玉ブロンコスの負け。逆転負け。

前半12点リード(40-28)をひっくり返されちゃうんだから、たまったもんじゃない。
何でもいいから勝って欲しいわ。
みんなで飲みに行っても審判がどうとか、相手のあのプレイはファウルじゃないかとか、そんなんばっか。自分はやっぱり間に合わなかったので試合について語れないけど、なんとか自分たちで、負の連鎖を断ち切ってほしいわけさ。
通算100勝まで〜といい続けて一ヶ月ちかくなる。何でもいいから勝って欲しい。

そうそう、新外国人選手、ナシード・ビアード選手が出場しましたよ。これから馴染んでいけばモノになる予感。

クリスマス、いい夢見させて!

追伸・ゲイブが来場。個人的にではあるが最後の挨拶できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

ナシード・ビアード選手、選手契約締結 2011.12

暮れも押し迫ってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか?
12月22日(木)、埼玉ブロンコスオフィシャルサイトより選手契約締結のリリースです。

#1、ナシード・ビアード選手 アメリカ出身
ポジション F、C 1982年11月12日生まれ(29歳) 203cm 95kg

前所属がJBL2の豊田通商ファイティングイーグルス(通称:豊通)ということで、
11月末まで加入していたんですね。
JBL2での戦績は9試合出場、うち3試合がスタメンで総出場時間163分。
平均得点が1試合14.22、ダンク1、2ポイントシュート成功率57.8%(52/90)、フリースロー成功率84%、
リバウンドはチームトップの105(オフェンス32:ディフェンス73)。

ちょっと調べれば出てきました。詳しくはJBL2の公式サイトから。

豊通か、懐かしいな。
「さいたまブロンコス」時代は良く観たな。っていうか、まだ岩田さんや竹原さんは現役なのか、すごいな。阿部さんは電線のとき観た。
というか06シーズンに1回観に行ったわ、千葉バジャーズvs豊通。

アンドリュー・フィーリー選手が1シーズン所属していたから、ブースターさんの中でも、もしかしたら少しなじみあるチームかもしれませんね、豊通。
最近の豊通、強いみたいね。ビアード選手が抜けた穴を元・パナソニックトライアンズのジェラルド・ハニーカット選手の選手登録だそうです、豊通。

ラマー大出身。ラマー大?どこかで聞いたことある。
ラマー・ライス(元・滋賀レイクスターズ)でなくて。
とちょっと調べたら、あぁ、JD(ジェームス・デービス)と同じ大学だったか。
JDが85年生まれだから一緒にプレーしたことあるみたいだね。

背番号1持ってきましたか。
まぁ、頑張ってほしいわね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月17日(土)、18日(日)の結果 (vs新潟・アウェイ鳥屋野) 2011.12

2011年12月17日(土) 新潟県新潟市 鳥屋野総合体育館 18時開始
新潟アルビレックスBBvs埼玉ブロンコスの試合は
94-80で新潟アルビレックスBBの勝利。埼玉ブロンコス6勝11敗。

2011年12月18日(日) 新潟県新潟市 鳥屋野総合体育館 13時開始
新潟アルビレックスBBvs埼玉ブロンコスの試合は
104-70で埼玉ブロンコス34点差つけられての大敗で3連敗。6勝12敗。

なんだかね。がんばろうよ。
初戦(土)のゲームよりレジー・ミラー選手が戦列に復帰。
(日)のゲームではフラワーズが途中出場と明るい話題もあったのだが、
いかんせん大敗では…。

ブログ更新もちょっとさぼってしまいました。
ゲイブはまだ日本にいるのかな。
22日(木)に新外国人選手の契約締結のリリースもあったので、また更新しますが。

楽しいことも、辛いこともあった1週間。
明日のゲーム、頑張ろう。
28、29日の岩手アウェイは行けないけども、なんとか年内に100勝は達成しておきたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

ゲイブリエル・ヒューズ選手、契約解除 ~ありがとうゲイブ 2011.12

12月14日(水) 埼玉ブロンコスオフィシャルサイトにて#45 ゲイブリエル・ヒューズ選手(以下、ゲイブ)の契約解除のリリースがありました。

bjリーグの初年度にあたる2005-06年度、ゲイブは大分ヒートデビルズに入団。
デビルズのゴール下の守護神として活躍。怪我で後半戦列を離れるもののリバウンド部門3位、ブロックショット3位の成績を残す。

当時、偶然にも福岡在住で大分を応援しつつブロンコスブースターだった方と知り合いだった自分は幸運にもbjリーグ初年度の最終戦、大分県別府市 別府アリーナに足を運ぶことができた。
2月序盤の対戦時は連敗中、最下位に低迷していた埼玉ブロンコス。「勝てるならここしかない」と思っていた相手が5位の大分ヒートデビルズだったが、大分は元NBAプレーヤー、ジョアン・オールドハムHCを成績不振で更迭、桶谷 大ACをHC代行に据える。チームも持ち直した状態で埼玉と対戦。埼玉は連敗から脱出することはできなかった。大分はジャック・ハートマンやレナード・ホプキンスを中心とした高さのあるチーム。その中でゲイブは輝いていた。
最終戦では試合終了後、福岡在住のブースターさんと食事をした。そのときにおみやげとして大分ヒートデビルズのクリアファイルと一緒に大判のチームの集合写真をいただいた。

時は流れ2011年、ゲイブは埼玉ブロンコスに入団。6歳と3歳、2人の子供と奥さんを連れて所沢にやってきた。
いつにか見せようと思っていた大分ヒートデビルズの初年度の集合写真。
ナタリーACがはじめてHC代行として勝利したさいたま市記念総合体育館で、帰りのゲイブファミリーを捕まえて見せたら奥さんもすごく喜んでて。
埼玉ブロンコス主催のバスツアーで車内でビールの祝杯をあげつつ所沢に着いたら、どうしてもこの勝利を伝えたい人がいるから、と電車に乗って新所沢の「十八番」に行った。
駅前で再びゲイブファミリーに遭遇。向かった先は同じく「十八番」。
くしくもご飯を一緒にすることとなった。自分は英語ほとんど話せないけど。
先ほどの写真を懐かしそうに、オガワ(小川忠晴HC)、ユキ(鈴木裕紀HC)、ヒロキ(佐藤博紀)とまだ会える当時のデビルズメンバーを上げ、眺めていた。奥さんもおそらく大分に一緒にいた時期もあるのだろう、シャノン・ロングらを懐かしがっていた。
ちなみに「十八番」には過去のシーズンのガイドブックが置いてあり、最初のシーズンで覚えてる選手いる?って聞いたら、「I know」とデイビット・ベンワーを上げてくれた。あと勝手にサインさせた。マスター、ごめん。
帰り際、大分ヒートデビルズ初年度のチラシを何枚か持っていたので記念に持たせた。
次回のホームゲームにはデビルズの大判プリントの写真を写真屋さんでコピーしてプレゼントしようと考えていた。

しかし、それも叶わぬまま、ゲイブは去ることとなりそうだ。

以下、埼玉ブロンコスオフィシャルサイトよりコピペ

ゲイブリエル・ヒューズ選手契約解除のお知らせ

埼玉ブロンコスでは、ゲイブリエル・ヒューズ選手と契約解除致しましたのでお知らせ致します。

契約解除  ゲイブリエル・ヒューズ(#45)

〔 経緯 〕

11月28日自宅にて発作を起こし動悸を自覚し、救急外来にて受診したところ不整脈が認められ、そのまま入院し検査を受けた結果、『発作性上室性頻拍症』と診断されました。再発の可能性があることから、チームとしてヒューズ選手自身の健康を考慮し、プロ選手として厳しい競技生活を継続することは困難であるとの判断から、契約解除致しました。

コピペ以上。

この夏、サッカー界では元・日本代表の松田直樹選手が練習中に倒れお亡くなりになる事故がありました。
ゲイブも症状はちがうものの、やはり再発の可能性とか言われたら絶対に無理はして欲しくない。まして家族や小さいお子さんもいるわけだし。チームとしても最悪の事態を招くわけにはいかない。
契約解除は仕方ないのかと思います。

できることなら「引退」というかたちでチームはゲイブを送り出してあげてほしいと思います。
次回ホームゲーム、最後にセレモニーとかけじめをつけて送ってほしいと。
ブースターからもお別れの挨拶をさせてほしいというのが本音。

ゲイブ、おつかれさまでした。

ゲイブがいなくなっても、埼玉ブロンコスは戦っていかなくてはなりません。

ゲイブのためにも、ゲイブの分まで。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

プライドリームス埼玉 トークフェスティバル2011 2011.12

プライドリームス埼玉 トークフェスティバル2011  2011.12
プライドリームス埼玉 トークフェスティバル2011  2011.12
プライドリームス埼玉 トークフェスティバル2011  2011.12
プライドリームス埼玉 トークフェスティバル2011  2011.12
プライドリームス埼玉 トークフェスティバル2011  2011.12
くま!くまちゃんです!
今日は三国コカ・コーラプレゼンツ、
「プライドリームス埼玉 トークフェスティバル2011」にいってきたくまよ。

まずは「プライドリームス埼玉」の説明から簡単に。
プライドリームス埼玉は「スポーツで埼玉をもっと元気に!」をキャッチフレーズに、埼玉県を代表するスポーツチームによって2010年3月に設立されました。ひとりでも多くの人に、スポーツの素晴らしさを体験して欲しい。そして、スポーツに親しめる環境を広げていきたい。そんな思いで活動をしています。
現在、県内スポーツ9チームが正会員として活動しており、
上尾メディックス(バレーボール)、浦和レッドダイヤモンズ(サッカー)、浦和レッズレディース(サッカー)、ASエルフェン狭山FC(サッカー)、大崎電気ハンドボール部(ハンドボール)、大宮アルディージャ(サッカー)、埼玉西武ライオンズ(野球)、埼玉ブロンコス(バスケットボール)、戸田中央総合病院女子ソフトボール部(ソフトボール)が活動中。

そんな9チームが集まってのファンイベントとしてのトークフェスティバル。みんな体育会系。面白くないわけないじゃない!

ナビゲーターは昨年同様、TBSアナウンサー、土井敏之さん。

トークフェスティバルは2部構成で、第一部は「チームスタッフによるトークショー」として、埼玉ブロンコスからはマツくんこと松田孝治チームオペレーターが参加。各チームのトレーナー、マネージャー、通訳、広報などいろんな業種の裏方さんが参加し、普段の仕事内容やその仕事に関わるようになったきっかけや、チームの裏話、スタッフでしか感じることのできない現場の様子など興味深く、また楽しく進行しました。
埼玉ブロンコスに関していえば、「外国人選手の話しはテッパン」。確実に笑いとれる。
他、印象的だったのが、浦和レッズのロドリゴ・シモエス通訳。ミュージシャンを諦めての転職。
ほか、女子チームのスタッフさんならではの裏話とか。
どのスタッフにもいえるのが、選手の悩みやストレスを取り除いてあげることで、最高のパフォーマンスができる環境を作ってあげるのが使命であり、結果が出たことで、日々の努力が報われる、と。

第二部は「現役選手によるトークショー」ということで、出席者は以下を参照(画像1枚目左から)
上尾メディックス:澤畠文子 選手
浦和レッドダイヤモンズ:加藤順大 選手
浦和レッズレディース:坂本理保 選手
ASエルフェン狭山FC:笠嶋由恵 選手
大崎電気ハンドボール部:小澤広太 選手
大宮アルディージャ:村上和弘 選手
埼玉西武ライオンズ:斉藤彰吾 選手
埼玉ブロンコス:北向由樹 選手
戸田中央総合病院女子ソフトボール部:内田千恵美 選手

全選手ユニフォームでトークショー。圧巻でした。
控室から非常に盛り上がってたらしく、村上選手が先頭に立ちトーク序盤からアニキキャラかつ自虐ネタで仕切り、加藤選手が脇をしっかりフォローする。北向選手は完全にいじられキャラ。斉藤選手が熟考の末答えるマジメキャラ。笠嶋選手は参加選手中最年長で程よいリスペクトが感じられ、坂本選手はルーキーでみんなの妹っぽい感じ。内田選手はしっかりもののお姉さん、澤畠選手も面倒見のよいお姉さん、小澤選手は優等生っぽい振る舞いで、みんなキャラが立ってましたね。

それぞれのスポーツ、それぞれの選手が特に震災があった影響で考えさせられた一面もあり、トークショーとしてはいろんな面で興味深かったです。

最後はフォトセッション。
壇上の選手が肩を組んで終了。
一部、二部あっという間の2時間でした!
本当に面白かったですし、このトークショーをきっかけに、選手同士繋がっていったらいいなぁ、と思います。

追伸・先週のリーグ戦、週間MVPには、埼玉ブロンコス:ジョン・ハンフリー選手が選ばれました。おめでとうハンフリー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

12月11日(日)の結果(vs信州・ホーム行田)2011.12

2011年12月11日(日) 埼玉県行田市 行田グリーンアリーナ 14時開始
埼玉ブロンコスvs信州ブレイブウォリアーズの試合は
84-87で敗戦。通算100勝目はならず。

やっぱり昨日の今日だしな。ハンフリーも24得点と頑張ったんだけど、
やっぱりビッグマンいないのは正直きついね。

次の新潟戦、通算100勝、いけるといいね。

それよりゲイブ、本当に心配。

追伸・昨日の試合、地元紙「埼玉新聞」にて大きく取り上げられた模様。
「bj初の女性ヘッドコーチが初勝利 埼玉ブロンコス」という見出しで紙面を割いておりました。
WEB版でも閲覧できます。

埼玉新聞:bj初の女性ヘッドコーチが初勝利 埼玉ブロンコス
http://www.saitama-np.co.jp/news12/11/09.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

12月10日(土)の結果(vs信州・ホーム行田)2011.12

2011年12月10日(土) 埼玉県行田市 行田グリーンアリーナ 18時開始
埼玉ブロンコスvs信州ブレイブウォリアーズの試合は
107-91で埼玉ブロンコス、点の取り合いを制しました。

先週日曜日同様、この日もゲイブが体調不良のため、経過観察中。
骨に異常はなかったものの、フラワーズも出場見送り。
ミラーもだいぶ良くなったようだが、復帰は年明け以降、とのことらしいので、
今日もオン・ザ・コート2(外国人2人がコートに。というよりプレイできる外国人選手がケニーとハンフリー)で信州ブレイブウォリアーズに挑む。前回の対戦は第2節にアウェイであたり1勝1敗。

この試合でとんでもない記録が生まれました。

出場したハンフリーがフリースロー24試投、24本成功。
加えてゲーム得点、チーム歴代記録42得点(レジー・ウォーレン(2009.2.28))を大きく塗り替える52得点を上げる大活躍。歴代2位タイ!ちなみに1位はマイケル・パーカー(現・島根)の53点(2010.11.7)。

フリースロー24/24はもしかしたら世界記録?タイ記録?なのかもというコメントがツイッター上で騒がれております。NBA記録ではノビツキーとの記録に並んでるらしい。

というかビッグマン2人を欠く布陣で良く勝てたなと。
ケニーとハンフリーじゃなかったら勝ててなかったな、と。
もちろん数字に表れないところで、テラさんやヤス、グチやユーキも頑張っての結果だと思います。

そしてナタリーさんが「正式に」HCに就任しての初勝利!
チームも記念すべき通算100勝まであと1勝!
「ナタリー・クルー」としては嬉しい限り。

皆既月食の夜。

明日も頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

bjリーグ2011-2012シーズン オールスターゲームin埼玉 出場選手発表

まずは特別協賛決定のお知らせ。
マルコメ株式会社さまが昨シーズンの大阪大会に続き2大会連続でオールスターゲームの特別協賛していただけることとなりました。ありがとう、マルコメさん!来シーズンはぜひ長野での開催を!

12月7日(水)、オールスターゲーム出場選手、ならびにコーチの発表がありました。
(以下コピペ)
■TEAM EAST

【ブースター投票選出】

G:城宝匡史(富山) ※3年連続4回目
G:志村雄彦(仙台) ※初出場
C/F:庄司和宏(秋田 ※3年ぶり2回目
C/F:ジョン・ハンフリー(埼玉) ※4年ぶり2回目
C/F:寺下太基(埼玉) ※初出場

【主催者推薦】

G:澤口 誠(岩手) ※2年連続2回目
G:モリース・ハーグロー(千葉) ※初出場
C/F:クリス・ホルム(新潟) ※2年ぶり3回目
C/F:リー・ロバーツ(長野) ※初出場
C/F:ジャスティン・バーレル(横浜) ※初出場
C/F:太田敦也(浜松) ※初出場

【Facebook枠】

G:石田剛規(千葉) ※初出場

ヘッドコーチ:ナタリー・ナカセ(埼玉)
アシスタントコーチ:エリック・ガードー(千葉)

■TEAM WEST

【ブースター投票選出】

G:青木康平(大阪) ※6年連続6回目
G:並里 成(沖縄) ※初出場
C/F:リン・ワシントン(大阪) ※3年連続4回目
C/F:ジェフ・ニュートン(沖縄) ※5年連続5回目
C/F:マイケル・パーカー(島根) ※4年連続4回目

【主催者推薦】

G:岡田 優(滋賀) ※2年ぶり4回目
G:菊池 宏之(高松) ※初出場
G:清水 太志郎(宮崎) ※2年連続4回目
C/F:ランス・オーレッド(京都) ※初出場
C/F:ウェンデル・ホワイト(大分) ※3年連続3回目
C/F:ケビン・パルマー(福岡) ※初出場

【Facebook枠】

G:仲西 淳(福岡) ※初出場

ヘッドコーチ:アラン・ウェストオーバー(滋賀)
アシスタントコーチ:遠山向人(宮崎)

※今回はブースター投票により5名、主催者推薦により6名、Facebook枠として1名が選出されました。
※EASTのヘッドコーチは開催地・埼玉のナタリー・ナカセヘッドコーチを選出。その他EASTのアシスタントコーチ、WESTのヘッドコーチ、アシスタントコーチは主催者推薦による選出となっております。

(コピペ以上。)

TEAM WESTに関してはあんまり詳しくないのですが、ブースター投票みる限りでは大阪・琉球票が強かったこと。3年連続得点王のパーカー選手も観てみたいという思いが票となったと思います。琉球の新加入・並里成選手に関してもっとも顕著に表れたと思います。
ガードのポジションは西・東とも日本人選手が主力として起用しているチームが多いため、主催者推薦での選考はかなり難航したのではと思います。チーム数も増えて、各チームの顔となる選手が選ばれれば、なお良いのですが。そんな中で宮崎から清水太志郎選手が選ばれたのはブロンコスブースターとしては良かったね!と。埼玉からの投票もかなり後押しあってG部門で5位。

TEAM EASTはチーム数が今シーズン4つも増えたことにより、票はバラバラになる予感はありましたが、選出された5人をみる限りでは、地元開催の埼玉票が普段より頑張ったのもありますが、
たぶん、今シーズンは活動を休止している元・東京票や新潟・秋田票が支えてくれた結果だと思います。埼玉のすぐ隣、東京。都心から1時間かからないで行ける、さいたまスーパーアリーナ開催。チームは無くとも、選手とブースターとのキズナは生きていることを証明してみせました。
城宝匡史選手は富山←滋賀←東京←大阪、ハンフリー選手は埼玉←東京。ブースター投票トップ10には他にも仲西翔自選手、青木康平選手、仲摩純平選手、ジュリアス・アシュビー選手、Facebook枠で仲西淳選手が選出されるなど、大きく得票数を伸ばすこととなりました。また、地元・埼玉出身、秋田でも活躍が評価されているベテラン・庄司和広選手も堂々の2位。埼玉ブロンコスで今シーズンキャリア10年目をむかえる寺下太基選手も3位で選出。主催者推薦ではフォワードに偏りがちなブースター投票枠を補う形で各チームのビッグマンを選出。日本代表に選出されている太田敦也選手も頼もしい限り。

そして、東日本大震災の復興を再確認することをテーマに開催されるオールスターゲーム。仙台89ERSキャプテン・志村雄彦選手。
震災後、一時避難所にもなった、さいたまスーパーアリーナで輝くことを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

12月4日(日)の結果(vs滋賀・アウェイ・東近江)2011.12

2011年12月4日(日) 滋賀県東近江市 東近江市・布引運動公園体育館 14時開始
滋賀レイクスターズvs埼玉ブロンコスの試合は
99-77で埼玉ブロンコス連敗。

前日のゲームでフラワーズは怪我で欠場。
公式サイトではゲイブが一週間前より体調不良を訴え、病院で受診。現在経過観察中とのことで遠征には帯同しませんでした。
ミラーは未だ戦列を離れており、外国人選手はケニーとハンフリーのみ。
チームとして「今できること」を体現したものの、結果は敗戦。

いまは耐えるとき。
チームを信じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

12月3日(土)の結果(vs滋賀・アウェイ東近江)2011.12

2011年12月3日(土) 滋賀県東近江市 東近江市・布引運動公園体育館 18時開始
滋賀レイクスターズvs埼玉ブロンコスは
85-73、延長の末、滋賀レイクスターズの勝利。

埼玉ブロンコス、この試合、ゲイブが遠征に帯同していないとの情報。
また、2Qでチームの高さの要でもあるフラワーズが怪我のため、戦線離脱。
高さを失った埼玉ブロンコス。前半30-24で折り返す。
3Qにケニーが最後逆転の3ポイントブザービーターで49-50とリードも
4Q終盤に追いつかれ、67-67でオーバータイムに突入…。

ビッグマン2人を欠きながらもケニー、ハンフリー、由樹の活躍で堂々の戦いをみせた。
後半、オン・ザ・コート2(外国籍の選手がコート上に2人)という厳しい状況で、滋賀レイクスターズ相手に良くやったと思う。
ゲイブ不在、フラワーズ戦線離脱でテラが身体を張った。4Qで勝ちきれたら本当に良かったのだろうけど。それだけに悔しい敗戦でした。

ゲイブもフラワーズも心配です。
明日は勝てますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月 2日 (金)

狙うはbjリーグ通算100勝!2011.12

今週は埼玉ブロンコス、明日・明後日と滋賀レイクスターズとのアウェイでの対戦です。

今シーズンはここまで5勝7敗という戦績。連敗したのはホーム所沢での琉球戦のみ、逆に連勝はない。

bjリーグオフィシャルガイドブック2011-2012シーズンにはご丁寧にbjリーグ各チームの参入からの通算成績やチーム記録、所属選手の最高記録など読み応え有るデータベースもついているのですが、
埼玉ブロンコス、昨シーズン終了時点での通算戦績は(6シーズンで)93勝173敗。
今シーズンの戦績を合算すると98勝180敗となります
(通算勝率.353、小数点第4位四捨五入)。

つまり、滋賀で連勝するとbjリーグ通算で100勝を達成!ということになります。
もちろん連勝が難しいことは十分承知。相手は現在、西地区3位(9勝5敗)の滋賀レイクスターズですし。

bjリーグが2005年に開幕し、初年度から苦しい戦いをしてきた埼玉ブロンコス。
ちなみに「オリジナル6」と呼ばれる他の球団はとっくに100勝達成しているどころか、過去bjリーグ3連覇を果たした大阪エヴェッサに関しては今シーズン通算で200勝を達成している。
通算100勝は単なる通過点、いや”記念すべき”単なる通過点ではあるが、長いこと応援しているブースターさんも、最近になって応援はじめましたというブースターさんにとっても喜びの積み重ね。
大勝のゲームもあれば記憶に今なお残っている劇的な勝ちゲームも。

あと2つで100勝。
明日からのゲーム、頑張ってほしい!
たとえ観に行けなくとも、想いはひとつ!

追伸・このままいくと通算100勝達成は先日(11月24日)正式就任したナタリー・ナカセHCのもと、達成となるはこび。bjリーグ初の女性ヘッドコーチのもと通算100勝。ナタリーは、そういう星の下に生まれた人なのかも。
ちなみに初勝利は2005年10月12日(土)所沢市民体育館・ホーム開幕戦。vs新潟アルビレックスで70-63。開幕3試合目で初勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »