« 2月19日(日)の結果(vs大阪・ホームさいたま)2012.2 | トップページ | 2月25日(土)、2月26日(日)の結果(vs京都・アウェイ三重)2012.2 »

2012年2月22日 (水)

三重と伊勢市とブロンコス 2012.2

今週の埼玉ブロンコスはアウェイゲーム、三重県伊勢市 県営三重サンアリーナにて京都ハンナリーズとの対戦。
この三重県伊勢市は、ブロンコスにとって思い出の地であるということを成田社長から以前お伺いしたのを思い出しました。

埼玉ブロンコスの前身・「所沢ブロンコス(ME所沢ブロンコス)」、またその前身でもあります「マツダオート東京バスケットボール部(※1991年社名変更のため「アンフィニ東京バスケットボール部」)」は日本リーグ加入をかけ、1998年、1997年、1984年と3大会、
全日本実業団選手権大会の決勝にコマを進めており、うち2回を今回開催される三重県伊勢市にて開催された大会という宿命の会場なのだそうです。

1984年(昭和59年)大会では”自動車対決”と呼ばれたトヨタ自動車vsマツダオート東京。このときは準優勝に終わったものの、入れ替え戦を制し日本リーグ2部に昇格。

1996年3月にアンフィニ東京バスケットボール部廃部後、7月にクラブチーム「所沢ブロンコス」設立後、埼玉県実業団連盟に登録、同選手権優勝。
それによって出場権を得られた1997年(平成9年)大会で大日本印刷を破り優勝。
日本リーグとの入れ替え戦では敗れ、昇格はならなかったが、翌年の同選手権2連覇を果たし、日本リーグ加盟チームの休廃部に伴い自動昇格。結果、日本リーグ2部に昇格。といった歴史的な流れ。

ちなみに県営三重サンアリーナは1994年に建てられた近代的なアリーナ。1984年に開催された大会は古い体育館で開催されたのではと推測。
どちらにしろ、三重県伊勢市はbjリーグ・プロバスケットボール球団「埼玉ブロンコス」にとっての原点となる地。
その地でどんな戦いを見せてくれるのであろうか。

参考資料:日本実業団バスケットボール連盟「全日本実業団バスケットボール競技大会」
http://jitsuren.jp/?page_id=49

|

« 2月19日(日)の結果(vs大阪・ホームさいたま)2012.2 | トップページ | 2月25日(土)、2月26日(日)の結果(vs京都・アウェイ三重)2012.2 »

コメント

ありがとうございました!
こういう話大好きなんです。
また、お願いします。

投稿: たー | 2012年2月23日 (木) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/44223896

この記事へのトラックバック一覧です: 三重と伊勢市とブロンコス 2012.2:

» 埼玉ブロンコス:三重とこれから [BRONCOSnavi PLUS]
我らが隊長Yuckyさんのブログに、三重とブロンコスについての記事がアップされました。 ハンナリーズと戦うのに三重? と思いましたが、ここにブロンコスが呼ばれたのが運命のような気もします。 今のチームでは当時のことを知るのは、社長以外では本当に少ないでしょう。今のブロンコスにとっては関係のないことかもしれません。でも私は、歴史が続いて今のブロンコスがあると思うんです。 19連敗は今のメンバーにとっては関係のない話かもしれないけど、それもあっての今のブロンコスがあるし、プレーオフに言っていないこ... [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 00時39分

« 2月19日(日)の結果(vs大阪・ホームさいたま)2012.2 | トップページ | 2月25日(土)、2月26日(日)の結果(vs京都・アウェイ三重)2012.2 »