« YuckyのブロンコスAWARD2011-2012 | トップページ | 埼玉ブロンコス 2012-13シーズンに向けプロテクト選手、FA権を行使する選手が明らかに »

2012年5月23日 (水)

YuckyのブロンコスAWARD 2011-2012(続き)

Yuckyです。ブロンコスAWARD 2011-2012シーズンの続きです。

⑤その他好き勝手な今シーズンのbjリーグにまつわるランキング
ブロンコス以外のブースターさんにも早わかり今シーズンのブロンコス時系列
色々ありすぎた2011-2012シーズンを振り返る意味でまとめてみました!

2011年6月
埼玉ブロンコス感謝祭開催。椎名、北向、寺下、新井の4選手が参加。西所沢の事務所にて。
東京アパッチの2011-12シーズン不参加が発表となる。
波多野選手、宍戸選手の契約解除が発表。
プロテクト選手として北向、寺下、新井の3選手が発表(6月中に北向、寺下契約基本合意)。
エクスパンションドラフト:指名なし。新人ドラフト、育成選手ドラフト:指名なし。

2011年7月
ディーン・マーレイHCの就任が発表。
牧ダレン聡の選手契約基本合意。

2011年8月
2012-13シーズン、新規参入地域として青森、群馬が発表。
埼玉ブロンコスチームトライアウト開催
ケニー・サターフィールド選手契約基本合意
ジョン・ハンフリー、ゲイブエル・ヒューズ選手契約基本合意
マーレイHC、来日
ジェイミー・ミラー、ジョン・フラワーズ選手契約基本合意
練習生2名(黒岩、庄司)て受け入れ
プレシーズンマッチ日程発表

2011年9月
外国人選手合流
ナタリーAC就任
ケニー、北向キャプテン就任
練習生(原口)受け入れ
プレシーズンマッチ(9/17 vs仙台、9/20 vs千葉)2連勝
所沢市総合政策部政策企画課「Let's go 婚活」の発表
原口選手契約基本合意

2011年10月
黒岩、庄司選手契約基本合意
ジェイミー・ミラー負傷(右足後頸骨筋腱断裂 全治6週間)
さいたま市記念総合体育館にてシーズン開幕
練習生(大内)受け入れ

2011年11月
「あなただけのオリジナル埼玉ブロンコスフィギュアを当てよう」キャンペーン(対象4試合)
「Let's go 婚活」開催(11/6 vs琉球)
bjリーグ2011-2012シーズン オールスターゲームin埼玉、ブースター投票開始(11/10~12/4)
マーレイHC、出場停止(11/19 vs富山:HCの資質に欠く言動により重大な契約違反があったため)
マーレイHC契約解除に伴い、ナタリーACがHCに。bjリーグ初の女性HC誕生。
ブースタークラブ特典:公開練習
オールスターゲーム、チケット先行販売開始
オールスターゲーム、ブースター投票中間発表。ハンフリー東地区のセンター・フォワード部門1位
ヒューズ体調不良によりvs滋賀アウェイに同行せず

2011年12月
vs滋賀アウェイにてフラワーズ負傷(後日、再検査の結果、数週間の安静が必要と診断)
オールスターゲーム出場選手発表。HCはナタリー。ハンフリー、寺下がブースター投票にて選出。3ポイントコンテストに新井がエントリー。
ハンフリー、(12/10 vs信州)にて52得点、フリースロー24/24のリーグ新記録を達成
ハンフリー週間MVP獲得
プライドリームス埼玉トークショーに北向、松田チームオペレーターが参加
ヒューズ契約解除(『発作性上室性頻拍症』と診断。ヒューズ選手自身の健康を考慮し契約解除に至る)
 
ナシード・ビアード選手契約基本合意、契約締結

2012年1月
オールスターゲーム前日、プレイベントが浦和パルコで開催(2日前に発表)
オールスターゲームin埼玉、さいたまスーパーアリーナで無事開催。14011人の満員御礼!次回は東京にて開催と発表。同時に東京にbjリーグチームの来季参入の発表。
フラワーズ一時帰国(1/下旬 再合流)
ドラッグエース((株)エフケイ)各店舗にてホームゲームチケット販売開始
オールスターゲーム満員御礼キャンペーン。オールスターゲーム半券でポストカードorステッカープレゼント
ナシード契約満了(1カ月契約)
ジェームス・ポーター選手契約基本合意
ホームゲームラジオ「うまらじ」スタート。ツイッターでリクエスト、メッセージを募集開始。
「やまやで買って埼玉ブロンコスを応援しよう」キャンペーン。抽選でホームゲームペア観戦チケットプレゼント。

2012年2月
大内、ポーター選手契約締結
ブースタークラブ特典:公開練習
北向負傷、ケニー風邪により欠場(2/11、12 vs宮崎@所沢)、新座市民応援デー
2012-13シーズン参入予定の青森は参入を延期し、2013-14シーズンへの参戦を目指すと発表。


2012年3月
3月9~11日、bjリーグ全試合を「復興祈念ゲーム」として開催。
大阪エヴェッサ所属リン・ワシントン選手の大麻取締法違反による逮捕を受け、bjリーグ全チーム、全選手・スタッフに誓約書の提出と薬物検査の実施が行われる。また薬物問題対策委員会が発足。
東京、新規参入チーム名を「東京サンレーヴス」と発表
所沢市主催「みんなが選ぶベストプレーヤー賞」受付開始
オフィシャルグッズショップ「グリーンフープ」にてキズナくん祭り開催(3/31、4/1)
ハンフリー、原口負傷により欠場(右足ふくらはぎ筋膜炎、右足首ねんざ。完治に10日)
ケニー、体調不良により欠場

2012年4月
大阪エヴェッサ所属リン・ワシントン選手不起訴処分。無罪も引退を発表。
ケニー、無断帰国(4/5)
所沢市民応援デー(4/14、15 vs福岡)、ウェアサプライデーとして「埼玉ブロンコス物語」作者:相良なつき さん来場。
薬物問題対策委員会 答申報告
ブースター感謝祭をGW中(5/4)に開催と発表。
ホーム最終戦

2012年5月
ブースター感謝祭開催

いろいろあった2011-2012シーズンですが出来事をピックアップ!

■所沢市総合政策部政策企画課「Let's go 婚活」
まずはコレですね。前々から周りの女性ブースター(既婚)さんたちから何年も前から
「婚活シート」やりましょうよ的な呼びかけがあって、それがついに形として実現しました。
所沢大使(所沢市の観光PR大使)に任命されている埼玉ブロンコスだから実現した企画。
20~45歳までの独身の男女20名ずつの参加者を募集。参加費用は2000円。
当日は琉球戦の2日目で接戦の末連敗と言う結果でしたが、婚活シートの成果は上々だったとのこと。何組かカップルが成立しましたという結果だそうです。
自分、独身だったら参加していたかもしれません。たぶん女性陣からはドン引きでしょうけど。
これを所沢市が主催してくれたことが凄いなと。もし結婚したら所沢に住んでくれ、ということなんでしょう。非常に柔軟というか、所沢スゲえよ!見直したよ!

■bjリーグ 2011-2012シーズン オールスターゲーム in埼玉
2012年1月15日(日)に開催されましたオールスターゲームは、さいたま市ご協力の元、
国内最大級のアリーナ、「さいたまスーパーアリーナ」にて開催。
本当にお客さん、身内しか来なかったら赤っ恥だなと思ってふたを開けてみたら
14011人(超満員)という大成功に終わり、自分たちのことのように嬉しかったですよ!
前売りで10000は売れているみたいなことは当日聞きました。
「bjリーグも捨てたもんじゃないな」と満足げでした。

ただね、前準備とかいろいろとドタバタしすぎな感はありました。
前日のオールスタープレイベント。2日前に発表したんじゃ遅すぎですよ。
同じ日にもまた、北与野にて仙台の中村社長、琉球の木村社長を迎えてのフォーラム
「スポーツと地域活性化の新しい潮流:スポーツコミッションの機能」が開催されました。
Twitterやっていたから知りえた情報も多かったけど、本当にもったいない!

でも成功して良かったよ、オールスターゲーム。
もしかしたら、さいたまスーパーアリーナで開催出来るのは何年、いや何十年先になるかもしれないけど、bjリーグ「最大級の挑戦」に立ち会えて良かったですよ。

…で1週間空いての埼玉ブロンコスホームゲーム、さいたま市記念総合体育館では
オールスターゲームの半券持参でポストカードまたはステッカープレゼントを企画したのですが、結局、いつも通りの動員しか得られなかったのが、非常に残念でしたけど。
あのアリーナを観に来てくれたブースター予備軍の方々はどこに行ってしまったのでしょう…。

■ナシード・ビアード選手
ナシード・ビアードは一体何だったんだろう。
1カ月の契約らしかったのだが、オールスターもあったから実質4試合で何ができたんだろう。
サインだけはもらえたから良かった…のか?なんか幻をみたよ。

3月9~11日、bjリーグ全試合を「復興祈念ゲーム」として開催
東日本大震災からちょうど1年。bjリーグ各地で行われた公式戦は「復興祈念ゲーム」として行われ、選手たちはユニフォームに喪章をつけて試合に臨みました。
くしくも震災前最後のゲームが行われたのが春日部市総合体育館。今回は千葉ジェッツとの試合でした。
11日の試合開始前、1分間の黙とうがありゲームがスタート。
震災を乗り越えてきたチームなだけに、勝利出来たら最高だったのですが…。

■ケニー・サターフィールド選手、無断帰国
これはショックでした。昨シーズンまでの神懸ったようなプレーは今シーズン影をひそめ、シーズン序盤、ゲームの大事な場面で託されるケースも(マークがきついのもあったのでしょうが)ミスが多く、シーズン中盤あたりではフロントやHCや選手との関係もぎくしゃくしたまま、シーズン終盤は欠場がちになり、ついに無断帰国となってしまいました。
悲しいかなケニーの抜けてからのチームは月間で勝ち越すなど上向きに。
いくら上手くても”チーム”として機能しなかったことが、このチームの今シーズンの低迷の全てだったのかもしれません。もちろんHCの交代や選手の怪我や離脱もあり、本来の姿ではなかったのかもしれませんが。

6月になればチームスタッフの人事、FA資格を持った選手の移籍や引退発表、ドラフト会議など次のシーズンに向けて各チームが動き始めます。
毎シーズン、埼玉ブースターはプレイオフ出場を願って、新チームを楽しみにしております。
来シーズンこそ、1週間でも長くbjリーグを、自分たちの手で楽しんでみたいですね。

|

« YuckyのブロンコスAWARD2011-2012 | トップページ | 埼玉ブロンコス 2012-13シーズンに向けプロテクト選手、FA権を行使する選手が明らかに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150479/45384579

この記事へのトラックバック一覧です: YuckyのブロンコスAWARD 2011-2012(続き):

« YuckyのブロンコスAWARD2011-2012 | トップページ | 埼玉ブロンコス 2012-13シーズンに向けプロテクト選手、FA権を行使する選手が明らかに »