« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月21日 (木)

選手契約満了と選手契約基本合意のリリース(2012.6)

ドラフト会議終了後、埼玉ブロンコスオフィシャルサイトにて
選手契約満了と選手契約基本合意のリリースが同時に発表されました。

まず選手契約満了となった選手から

ケニー・サターフィールド選手
牧ダレン聡選手
ジェイミー・ミラー選手
黒岩 元希選手
大内 悟選手
ジョン・フラワーズ選手
庄司 顕人選手
ジェームス・ポーター選手
(以上)

1シーズン、埼玉ブロンコスのために尽くしてきてくれて本当にありがとうございました。
またコートの上で会えると嬉しいです。

続いて選手契約基本合意が発表となった選手(6月19日現在)。

北向 由樹選手
ジョン・”ヘリコプター”・ハンフリー選手
原口 真英選手
(以上)

北向選手、原口選手はプロテクト選手だったため、わりとすんなり決まった印象です。
これからも宜しくお願いします。

ハンフリー選手は思いのほか早い決定に驚いております。
新規参入チームである東京サンレーヴスに引き抜かれてしまうのではないかと心配していただけに嬉しく思います。

追伸・オフィシャルでもたびたび目にする”BRONCO NATION”って、なんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

2012-2013 ドラフト会議終了(6月19日)

埼玉ブロンコスオフィシャルサイトでも更新されておりますが、
埼玉ブロンコス、今シーズンのドラフト会議は、1巡目に菅澤紀行選手を指名しましたが、
群馬クレインサンダース、浜松・東三河フェニックスと競合し、抽選の結果、
優先交渉権を獲得できませんでした。ハズレ1巡目の指名放棄、2巡目も指名放棄しドラフト会議が終了となりました。

群馬、浜松・東三河と競合するくらいの選手ですからさぞ良い選手なのでしょうね。
毎シーズン、ドラフトといえば下位からの指名ということで、わくわくするものの指名放棄が定番だったブロンコス。
今シーズンは勝負に出た、これだけでも良かったと思います。

ドラフトで獲得に乗り出したのは北向選手以来ではなかったでしょうか。
新井選手は育成ドラフト(B契約)指名ですし、もし獲得できていたら
向こう3シーズンはチームの新しい顔として期待できた選手だったのかもしれません。勝手な想像ですが。

bjリーグ オフィシャルブログに各チームの指名選手が一覧でまとめてあるようなので参考にしてください。
http://bjleague.livedoor.biz/archives/51848437.html

追伸・菅澤選手の出身大学は原一希さんと同じ鹿屋体育大学、しかもフォワード。
TGI D-RIZE(JBL2)から3名の選手がbjリーグ入りと健闘が光りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

2012-2013シーズン、埼玉ブロンコスのHC発表

6月15日(金)更新の埼玉ブロンコスオフィシャルサイトより2012-2013シーズンの指揮をとりますヘッドコーチの発表がありました。http://www.saitamabroncos.com

トレーシー・ウィリアムスさん、アメリカ・ニューヨーク州出身の48歳だそうです。

経歴等はオフィシャルサイトより各自ご確認ください。

…経歴で一番気になったところとしては「ハーレム グローブトロッターズ」アドバイザーですね。
YouTubeあたりで検索かければいくつも動画が出てきます。
通販サイトではDVDなども出てきたりします。
経歴だけでどれほどの指導力があるかなどはわかりませんが、

バスケットボールは勝負論だけでなく、エンターテイメント性の高いスポーツ。
ブースターのななめ上を行くような”強くて(ここが一番大事なところ)””楽しい”ブロンコスに仕立ててくれることを願っております。

同時に契約満了となりました、ナタリー・ナカセHCにも短い間でしたけど、
ありがとうございました。

追伸・
選手・スタッフ人事など埼玉ブロンコスオフィシャルサイトの更新の際に
【※無許可転載・転用を禁止します。著作権について】
とリンク付きの注意書きがあるため、ブログの更新を躊躇しているブースターさんも多い気がしますね。
どこまでが無許可転載・転用なのかも線引きが必要なのと、著作権についても明確な指標が必要な気がします。

もしかしたらもうブログというメディアというか表現方法も陰りが見えてきているのかもしれません。ツイッターやフェイスブックといった”個”のツールに時代は移り変わってゆくのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

埼玉ブロンコス 2012-13シーズンに向けプロテクト選手、FA権を行使する選手が明らかに

しばらくご無沙汰でした。
ファイナルが5月に終わり、6月。2012-2013シーズンに向け、各チーム、各選手が動き始めました。

まずはFA権の行使を宣言した選手。(以下、bjリーグオフィシャルブログより)

6月6日(水)が行使期限となっておりましたFA権行使選手をお知らせいたします。

秋田:長谷川 誠、庄司 和宏
仙台:高橋 憲一、高岡 大輔
新潟:小松 秀平
富山:堀川 竜一
埼玉:寺下 太基
千葉:板倉 令奈、中村 友也
浜松:岡田 慎吾
滋賀:波多野 和也、岡田 優
京都:仲村 直人、村上 直
大阪:青木 康平
島根:仲摩 純平
高松:高田 秀一
大分:ウェンデル・ホワイト
宮崎:清水 太志郎

(以上)

埼玉ブロンコスから寺下選手がFA権行使を宣言をいたしました。
来季のチーム編成の一環としてのFA権行使か、それともコメントにあるように
「自分の可能性と評価を確認するため」のFA権行使なのか。
いずれにせよ寺下選手に実りのあるFA権行使であるよう願います。

次にプロテクト選手の発表がありました。
(こちらも以下、bjリーグオフィシャルブログより)

【プロテクト対象選手】

岩手:澤口 誠、山本 吉昭、寒竹 隼人
秋田:水町 亮介、佐野 吉宗、菊地 勇樹
仙台:志村 雄彦、薦田 拓也、日下 光
新潟:根東 裕隆、佐藤 公威、池田 雄一
富山:水戸 健史、城宝 匡史
長野:呉屋 貴教、齋藤 崇人、齊藤 洋介
埼玉:北向 由樹、新井 靖明、原口 真英
千葉:佐藤 博紀、田中 健介、石田 剛規
横浜:蒲谷 正之、山田 謙治、青木 勇人
浜松:大口 真洋、太田 敦也、仲西 翔自
滋賀:小川 伸也、藤原 隆充、本多 純平
京都:瀬戸山 京介、石橋 晴行、川辺 泰三
大阪:小淵 雅、竹田 智史、今野 翔太
島根:山本 エドワード、薮内 幸樹、横尾 達泰
高松:菊池 宏之、喜多 誠、鈴木 正晃
福岡:仲西 淳、竹野 明倫、加納 督大
大分:三友 康平、澤岻 直人、小原 匡博
宮崎:小島 佑太
沖縄:与那嶺 翼、小菅 直人、山内 盛久

(以上)

各チーム、最大3人を上限としたルールの中でプロテクトを行使してきました。
埼玉ブロンコスがプロテクト選手として発表したのが北向選手、新井選手、原口選手。

ドラフト会議は6月19日。新規参入チームのメンバーが明らかになるエクスパンションドラフトをはじめ、新人ドラフト、育成ドラフトなど少しずつ2012-2013シーズンが見えてくることとなるでしょう。

期待して待て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »