« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月26日 (日)

北向選手、オールスター出場おめでとう!

オールスターゲームに思うこと。

長いこと埼玉ブロンコスの顔として活躍してくれた北向由樹選手、意外なことに(?)オールスターゲームは初出場でした。

ブロンコスブースターは気まぐれで、新しモノ好きで、なんといっても少数派なので、オールスターゲームのブースター投票なんかだと影響力はかなり低いため、間違いなく選ばれにくい。
これだけ長いこと在籍した功労者に対して、これだけはブロンコスブースターとしては申し訳なかったと思う。

できたら埼玉ブロンコスの北向由樹でオールスターゲーム出てほしかったけど、今回、主催者推薦で出場できて本当に良かったと思う。

ハンフリーを上手く操縦して、思う存分暴れてきて欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

2013-14シーズンの19連敗に思うこと

明けましておめでとうございます。

年末から大忙しで毎年恒例の「メリーくまース」画像も忘れてましたよ。

2014年1月2日から沖縄・アウェイでスタートした埼玉ブロンコスですが11月から続く長い長い連敗トンネルから抜け出すことが出来ずチームの連敗は初年度記録した19連敗に並んでしまいました。
戦績が振るわなかったシーズンは何シーズンもありましたが、19連敗という数字はもうさすがにないだろうと思っていました。たしかにそれに近い大型連敗はありましたが。

bjリーグが開幕して9シーズン目。リーグの最大連敗記録は2011-12シーズン、高松ファイブアローズが記録した25連敗。シーズン52試合で2勝50敗という戦績。経営危機、ギリギリの状況でスタートした高松は途中、外国人選手が相次いで抜け、補強もないまま完走したシーズンだったと記憶しております。

初年度に記録した埼玉ブロンコスの19連敗はわりとはっきり覚えていて、チームの大黒柱であったベンワーが12月(18日・vs新潟)試合でアキレス腱断裂、長期離脱。その前から2連敗が続いていて3月(3日・vs仙台)まで勝利できなかった。その間に12月のクリスマスゲーム、所沢での大阪戦では日本人選手が奮闘し大接戦の末破れたり、1月の新潟アウェイでマーカス・トニーエルが加入したり、アーリーチャレンジ制度でJBL元 福岡レッドファルコンズの庄司和広選手を獲得したり、HC、チャールズ・ジョンソンが45歳にして現役復帰、bjリーグ初のプレイングマネージャーになったり「勝てないなりにチームも選手も必死に努力していた」と思うんです。ちなみに初年度の戦績は40試合で7勝33敗。

昨シーズンも年が明けるまでたしか2勝しかしていなかったと思います(2勝18敗)。
ハンフリーが腰痛で戦線離脱してこの戦績。それでもハンフリー復帰や外国人選手の補強等でなんとか後半戦13勝(19敗)をあげることができました。

今シーズンここまでどうですか?
セオ・リトル契約解除がありました、マーク・ドーソンは11月末から合流。
ハンフリーは相変わらず点を獲りまくっている、じゃあ、あとは何だ?
負けて悔しいのは選手が一番悔しい、のは充分わかってる。
だったら「やる」しかないんじゃないの。「やる」か「やらない」かしかないんだから。

2度目の19連敗なんて不名誉な記録でしかないよ。
今日の試合(vs群馬クレインサンダース)で断ち切ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »