« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月30日 (水)

2014-2015シーズンにむけて(動きまとめその3)2014.7

くま!くまちゃんです!おひさしぶりくまよ!
2014-2015シーズンに向けての埼玉ブロンコスの動きをまとめる更新くまよ。
すっかりごぶサターン(SEGA)くまよ。今月頭からいろいろあったからね、BiSも解散しちゃったしね。
くま!

7月1日:伊戸重樹選手(滋賀レイクスターズ)、選手契約基本合意。背番号#13。
7月11日:八幡幸助選手(東京サンレーヴス)、選手契約基本合意。背番号#37。
7月14日:桝本純也選手、選手契約基本合意。背番号#15。
7月14日:原毅人選手、背番号変更 #4→#2。
7月19日:埼玉ブロンコス、チームトライアウト開催。
7月25日:bjリーグ2014-2015シーズン公式戦スケジュール発表。
7月28日:ブースター会員限定、公開練習の日程発表(8月9日)。
7月28日:プレシーズンマッチ開催日程発表。

まずはどこから行きましょうか。7月8日の横浜アリーナでのBiS解散ライブ「BiSなりの武道館 ~だまされた気分はどうだい?」から振り返りますか?振り返りませんね。

プレシーズンマッチや公式戦の日程が出て、いよいよ始まるって感じがしますね。
6月末にはホーム開幕戦が先だって発表があり、10月4日、5日 さいたま市記念総合体育館にて東京サンレーヴスとの対戦が決まってます。
そのほか年末最後に数シーズンぶりに琉球ゴールデンキングスが埼玉ホームにやってきたり、滋賀レイクスターズが初の埼玉ホームに登場したり、新球団・福島ファイヤーボンズを行ったり来たりと楽しみなスケジュールもありますね、群馬平日アウェイも、ぜひとも行かねば!と思ったり。

選手契約では、ジュンヤこと桝本選手が今シーズンも契約。KOSこと八幡幸助選手が2シーズンぶりに復帰。レイクスから伊戸選手が加入と少しずつチームが見えつつありますね。
また、埼玉ブロンコスからの公式サイトからはまだ発表はありませんが、海外サイトでは新外国人選手の獲得情報が流れていたりするので気長に待つことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

黒岩元希選手、現役引退おつかれさまでした。~2014-2015シーズンに向けて(動きまとめ2) 2014.6

■黒岩元希選手 現役引退を発表 2014年6月21日

黒岩選手、3シーズンでしたがお世話になりました。
黒岩選手は地元・埼玉出身、高校は埼玉栄高校(元埼玉西武ライオンズ 大島選手と同級生)、國學院大学卒業後は茨城のクラブチーム、茨城ロングホーンで活躍、またアメリカ独立リーグABAに参加しているクラブチーム、静岡ジムラッツでも修行を積み、2011-12シーズンより埼玉ブロンコスに所属。さらっと書いちゃってますが、ブロンコスフリークスとしては外せないバックボーンを背負って入団した奇跡の選手だと思っていて、思い入れのある選手として見守ってきました。

所沢ブロンコスが発足した1996年、監督(HC)は、元アンフィニ東京の澤田司さん。
澤田司さんは所沢ブロンコス発足、日本リーグ復帰に尽力した一人であることは言うまでもないのですが、98-99シーズン(JBL加入初年度)を最後に所沢ブロンコスを離れ、埼玉栄高校のバスケットボールを顧問することとなり、その時にいた選手が黒岩元希選手でした(ちなみに中学校、志木第二中学校もバスケが強かったと、年下のブースターさんから聞いてます)。
國學院大学では、安藤毅さん(元・埼玉ブロンコス)の後輩にあたり、おそらく2つ違いくらいなので一緒にやっていたはず。卒業後のことはお伺いできなかったのですが、「茨城にもbjリーグのチームを」と、澤田司さんが立ち上げたクラブチーム、茨城ロングホーンに参加。大住亘さん(元・さいたまブロンコス、所沢ブロンコス初の生え抜き選手で、現在はジムラッツファミリーとして国内にて活動)らと活躍していたのがbjリーグ発足後2シーズン目あたり。
しかし茨城ロングホーンは澤田司さんが病に倒れ、スポンサー集めも難航。リーグ加入を断念せざるを得なくなり、岡田卓也さん(元・さいたまブロンコス)が主宰する静岡ジムラッツに加入、ABAへ武者修行へと旅立つ…。

埼玉ブロンコスのテーマは「絆」です。とはよく言ったもので、
黒岩選手が埼玉ブロンコスに入団するまでを振り返っただけでも、これだけの元・ブロンコス戦士、あるいはスタッフ陣が関わっていて、ある意味、「ブロンコスのDNA」を持つ選手がプロとしてコートに立っている、長いことブロンコスを見てきて良かったというか、感慨深いものがありました。

黒岩選手には一度、メッセージを送ったことがありました。
シーズン最終戦で埼玉ブロンコス物語の作者さん、相良なつきさんの選手画とサイン付き色紙プレゼントの時に、対象となってるお目当ての選手とは別に、黒岩選手あてに。怪我で思うように出場機会を得られなかった黒岩選手にたしか悔いのないバスケットボール人生をみたいなことを書いた気がしました。
昨シーズンは16番のオーセンティックユニフォーム作らせていただきました。それと10-11シーズンの静岡ジムラッツ、背番号9のユニフォームにもサイン頂きましたね。
ご家族もよく観戦に来られていて、お父様からも実はサイン頂きました、これは余談でしたね。

フェイスブックでもつながってるし、またきっとどこかで会えると思ってます。
フェイスブックの方はどちらかと言えば登録されている方々はブロンコスのOBの方とか多いので、ブロンコスの言いたいことはこのブログを使って発信したほうが良いのかなと思って、最近はBiS(=Brand-new idol Society:新生アイドル研究会)か釣りかプロ野球のことばっかり書いているので申し訳ないのですが。

良き指導者として、今後の活躍を期待しております。
澤田さんという尊敬できる指導者の元、ここまで来れたのですからきっと大丈夫。

3シーズン、おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »